ROAプロジェクト

TRDラリー in 高岡

 9月27日、富山県高岡市で開催されたTRDラリーチャレンジのヴィッツC-2クラスのナビゲータとして参戦しました。
 
 TRDラリーは1日で完結するラリーで、コースの下見であるレッキ、ドライバーミーティング、セレモリアルスタート、速さを競う9回のSSと正確な時間で指定区間を走行する移動区間、そして表彰式までが行われます。

 まずはレッキ受付を済ませ、レッキへ。コマ地図を見ながらSSの下見に行きます。

 スタートして5個目のコマ地図を見誤りミスコース!!こう帰りたくなったけど、直ぐミスに気づき元に戻ります。

 その後は順調にレッキを済ませ、もろもろ準備をしていざスタートへ。ここにきて、かなり強い雨が降ったり止んだり。
e0113576_23544036.jpg
 スタートは、高岡市役所。ここからSS1へ向かいます。

 SS1は林道を使ったターマック(舗装路)のステージ。大荒れでした。
 スタート時点でコース上にリタイヤした車両が数台いるとのこと。ところが、スタートして少々行った所で1台横転した車両が目の前に。ドライバーがうまくかわし事なきを得るも、少々ビビったもんです。

 続いてSS2も同じくターマックの林道。SS1にくらべやや難易度が落ちます。
このSSを終えると、富山湾が見える絶景ポイントになるのですが、指定時間があるのでのんびり止まってはいられません。
e0113576_00105643.jpg
 SS3はギャラリーステージ。丁度TOYOTA GAZOO Racingのイベントも開催されており、AKBのチーム8も来場するらしい。
 よって、多くのギャラリーで賑わっていました。

e0113576_00135943.jpg



e0113576_00270487.jpg
 このSS3を終えると一旦スタート地点に戻り、サービスタイムと昼休憩、そしてリグループと呼ばれる時間調整を経て午後の部へ。

 午後はSS4(SS2のステージ2回目)→SS5(SS1の2回目)→SS6(SS3の2回目)→SS7(SS2の3回目)を経てゴールへ。


 
e0113576_00275350.jpg
とりあえずペナルティーなく無事走りきり暫定中に発表となります。暫定順位が出るまではクルマのキーをオフィシャルに預けるので、片付けができません。

 暫定準備が出たのは17時すぎでした。ここで、3位以内に入賞すると再車検があるので帰り支度が遅れます。

 実はこのとき体調を思いっきり崩してしまい、確実に発熱しているようで悪寒と喉の痛みに耐えておりました。
 
 そして、暫定順位が発表されました。結果、クラス優勝。
 しかし、素直に喜べません。体調悪いのに帰りが遅くなる。しかも、明日の仕事は休めないので明日までには体調を回復させねばならない・・・。

 でも、しっかりと表彰台の中央に立ち、優勝と書かれた盾とゴールドメダルをもらったらちょっと体調も回復した気もしました。

 その後、タイヤは着替えや片付けをし、帰宅できたのは23時過ぎ。辛かった・・・

 翌月曜日、発熱状態でまる一日仕事に出る羽目になったのでした。

[PR]
# by zeo-m | 2015-10-01 00:30 | のりもののはなし

第3回白山白川郷ウルトラマラソン

 9月12日に開催された第3回白山白川郷ウルトラマラソン、去年に続き参加しました。

 午前四時スタート、去年は遅刻しましたが、今年は3時15分に駐車場に到着、余裕を持って準備したのですが、スタート前にトイレに並んでいたら4時になってしまい、ちょっとだけスタート遅れました。
e0113576_23440784.jpg
 スタート直前、雨が降り出し結構本降りになりましたが直ぐに小雨になったものの、カッパを着るか悩ましい天候でした。
 
 コースは去年と同一。目安としては、白山白川郷ホワイトロード料金所に去年より1時間早く到着すること。去年の反省として上り坂はちょっときつくなると歩いてしまったのですが、登坂路を走るトレーニングはしてきたので料金所までは歩かずに到着してやる、そう思ってました。

 
e0113576_23531525.jpg
 到着したのは7時。去年は7時8分に到着したので、まったく目標通りに行っていなかったのですが、走っているときはいい感じで到着したものと勘違いしてました。

 続いてホワイトロードの頂上。ここでは下りで膝を痛めないように両膝にサポーターを装着する対策を考えていました。

 ホワイトロード頂上では、着替えを運んでもらえるので着替えスペースが用意されています。ここでサポーターを装着し、エイドでうどんが容易されていたので3杯ほど頂きました。
 ここからの目標は、歩かないこと。でも、膝を痛めないように慎重に。
e0113576_00012564.jpg
 白川郷側の料金所に到着したのが11時。第一関門58.3キロ地点まであと1時間30分ある!!余裕っしょ~。ここのエイドでは牛乳を頂きました。

 しかし、白川郷の合掌造りの町並みを抜けた先のエイドで、第一関門まで30分ないことに気づき、もしかして第一関門に間に合わないかも?と危うい状態に。しかも、去年はここで膝に痛みが生じ走れなくなったので、急ぎたいが慎重に行くべきという判断をします。

 それでも、何とか関門5分前に到着できました。余裕がまったく無かったので写真撮るどころかエイドで休憩することもできず、そのままスタート。71.8キロ地点の第二関門まで2時間30分で行かねばなりません。

 でも。標高1000m上らなければならず、膝に痛みはないものの疲労感が強くちょっと間に合わないかも?と弱気に・・・。もちろん走れず歩いて登りますが計算上早歩き程度の時速で行ければ間に合う筈。ということで行けるだけ行ってみます。

 
e0113576_00094389.jpg
 結果は、22分24秒間に合わず失格。

 ここからはバスでスタート地点まで戻ります。途中、バスもコースを走っていくのですが往路でこのホワイトロード頂点に同じタイミングで到着した人が走っているのを車窓から見えたので、もうちょっと時間をうまく使えば第二関門は越えられたと思います。

 今回の反省点は、往路でのホワイトロード下りでの遅さ。膝を労わるあまりスピードを抑えすぎたと思います。今後は
①登坂路のペースアップ②下りの安定した走法③しっかり練ったペース計画
 この3点をしっかり行い、次こそ完走を目指したいと思います。


 



[PR]
# by zeo-m | 2015-09-24 00:21 | RUNのはなし

第2回 白山白川郷ウルトラマラソン

<これは去年の回想です。>

昨年参加した、自身のウルトラマラソン初チャレンジの記録と今年参加した第3回白山白川郷ウルトラマラソンの比較として記載します。

 2014年9月21日開催された第二回白山白川郷ウルトラマラソン、自動車専用道路の白山スーパー林道を走る大会がある、と知りスーパー林道走ってみたい、という軽い気持ちでエントリーしました。

 ウルトラマラソンというだけあり、石川県白山市をスタートし白山スーパー林道を抜け白川郷の合掌造りの町並みを回り再度白山スーパー林道を経由してスタート地点に戻る100キロの大会です。

 上記の通り、スーパー林道を走れれば良いとの軽い気持ちでのエントリーなので、大会の直前までルートとかもまったく気にせず大会前日を迎えたのでした。

 この大会、前日受付が義務づけられており、その会場は白山市のスタート地点と白川郷が選べるようになっています。自分は白川郷を選びました。

 20日、職場の仲間内で同日開催された「ナゴヤドームリレーマラソン」に参加し自分のノルマを済ませてからゴールを見守ることもなく白川郷に移動し、受付を済ませ宿泊はちょっと名古屋方面にもどる高鷲で民宿に泊まりました。

 民宿の夕食時、大会概要を読むとスタート地点が白山市であることに気づき、高鷲~白山市までは130キロ以上離れている。しかも、スタート時間は午前4時。よって1時に民宿をチェックアウトすることにしました。

 しかし、道中いろいろあり、指定駐車場に到着したのが午前四時。駐車場かあスタート地点まで1.5キロ。駐車場で急いで準備しスタート地点にたどり着いたのが4時20分。
 スタッフの方に確認したら、このままスタートしても良いと言って頂けたので約20分遅れでスタート。

 スタートしてまずは白山スーパー林道と反対方向に5キロ行ってスタート地点に戻るという10キロ走ります。5キロの押し返し過ぎにようやく最後尾の人に追いつき、安心して走れるようになりました。

 とにかく、最低でも白山スーパー林道料金所に行きたい。それは31キロ地点。きつめの上り坂は歩きながら進みます。
e0113576_01354760.jpg
 7時8分、料金所到着。ここから楽しみにしていたスーパー林道です。
スーパー林道はきついですが、景色もよく思っていた通り、辛いながらも楽しめました。
e0113576_01441093.jpg
e0113576_01460701.jpg
 そして、9時48分に山頂到着、11時2分に白川郷側の料金所に到着。
 
 第一関門は58.3キロ地点の白川郷を抜けて白山スーパー林道の復路上りの手前で関門は12時30分。
e0113576_01491231.jpg
 合掌造りの町並みを抜け、第一関門までに向かう下り路で膝に痛みを感じスローダウン、下りは歩くのがやっとの状態になってしまう。しかも。制限時間が迫る・・・。

 膝の痛みに心が折れそうになりながらも進むと、なんとか制限時間10分前に第一関門到着。
 関門封鎖のぎりぎりまで休憩し、出発。これから、また約1000mの標高を上がるコースが待ち構えている。

 第二関門は71.8キロの第二関門制限が14時30分。

 上りはトボトボ歩くのがやっと。間に合わない、けど、行けるところまで行く作戦に変更し、ゆっくりながらも立ち止まらず歩きます。

 おそらく、66キロ地点位で第二関門制限時間を過ぎ、67.5キロ地点を通過したごろ回収バスに追いつかれ、バスに回収され競技終了。

 来年のリベンジを心に誓うのでした。

[PR]
# by zeo-m | 2015-09-23 02:02 | RUNのはなし

鹿島槍ヶ岳登山

 8月24日、北アルプスの鹿島槍登山に行ってきました。台風の接近があり、最悪登山口まで行って天気が悪ければ白馬でも観光して帰ればいいや、と思いつつ登山口である扇沢に午前4時50分に到着。ちょっと仮眠し5時20分に起床、道中やや強い雨に降られたものの、駐車場は曇りでした。

 これはイケると判断し、5時30分に出発しました。
e0113576_2330301.jpg


 
 今後の天気での判断ですが、目指すは縦走し八方尾根まで行きたい。行程は1泊2日でキレット小屋若しくは五竜山荘で泊まり、八方まで出てゴンドラで下山し、八方バスターミナルから扇沢までバスで駐車場まで戻るプラン。

 これは、相当タイト。よって、標準タイムと要所要所で時間を確認して進むこととします。

 第一目標は種池山荘。8時前に到着。続いて爺ガ岳を目指します。8時40分に南峰山頂に到着。

 遠くに去年登った剣岳が雲の上から突き出ています。
e0113576_23443568.jpg


 立ち止まることなく突き進みます。次の目標は冷池山荘。10時に到着し、山荘でオレンジジュースを購入し小休止。

 10分ほど休み、布引岳を経由し、11時ちょい過ぎに鹿島槍ヶ岳南峰に到着。
e0113576_2349316.jpg


 この時点で結構疲労を感じており、あわよくば行けるかも?と思っていた五竜山荘も視野に入ってきました。

 ここで、携帯を見ると電波が届いているので、ネットで天気図を確認。雨には降られるだろうが、危険ではないかも?でも、八方まで行き下山の際リフトやゴンドラを使うので強風であったら使えないかも?そのリスクを考えるといくべきでない?

 山頂でメロンパンを食べながら考えた結果、今日はこのまま縦走は諦めピストンとし帰宅することにしました。戻るなら、そのまま帰りたい。でも、体力的にどうか判らないので、15時までに種池山荘に戻れるのであれば、そのまま扇沢まで下る、という判断にしました。

 途中、冷池山荘に12時50分着、ここで昼食としてカレーを食べカロリー補給。

 13時30分ごろ出発し、種池山荘を目指します。途中の爺ガ岳がガッツリ登坂もあり辛すぎる・・・。

 14時45分、なんとか種池山荘に到着。これならそのまま降りれると判断し、山荘でコーラを購入し、喉を潤し下山しました。

 そして、出発して12時間、17時30分にクルマに戻りました。

 実はこの日、山小屋泊の予定であったので睡眠時間1時間半だったこともありクタクタ。下山し、薬師の湯でお風呂に入り、安曇野IC近くのココイチでカレーを食べた後、限界を向かえ、梓川SAで1時間仮眠しました。

 帰宅は深夜1時半。運転もキツかったですが縦走という課題を残した一日でした。
[PR]
# by zeo-m | 2015-08-27 00:11 | お山歩きのはなし

寝台特急北斗星

8月21日、休暇を利用し東京の新宿と上野に行っておりました。東京から埼玉県の熊谷へ行くため、大宮で高崎線に乗り換えようとホームに行ってみると、行き先表示板に意外な表示が。

 
e0113576_23583328.jpg

 平日の16時台の割にホームには多数の人、そして「警備」と書かれた腕章をつけたJR職員。寝台特急北斗星の下り最終列車が来る、というものでした。
 北斗星って既に廃止となっていると思っていたのですが、臨時列車として残っており、その臨時列車としての最後ということでした。

 高崎線の16:41発に乗ろうと思っていたの、4分後の北斗星を見学していくか?ちょっと悩んだもののせっかくなので見ていこう、と。

 発着するホームだけでなく、線路を挟んだ反対側のホームにも多数の人だかりでした。

 しかし、放送で「大宮~土呂間の線路上に人が立ち入り一時運転を停止している」と。そして、電車の到着が遅れる、とも。

 その影響で宇都宮線の北斗星の先発列車の発車が遅れ、北斗星の発着ホームの反対側に停車し、そこに居た北斗星の全景を撮影しようとしていた人達の視界をふさぐように停車したまま、北斗星が先に出発することになったのでした。

 よって、反対ホームにいる人達は死に物狂いで猛ダッシュしてました。線路上に立ち入った人間もおそらく心無い鉄道ファンであろうし、一人(若しくは複数)の自分勝手な行動が楽しみにしていた多数の鉄道ファンの撮影プランが台無しになるという悲しい出来事が発生してました。

 そして、遅れること10分、北斗星がホームに入ってきました。
e0113576_0154742.jpg

e0113576_0161855.jpg

e0113576_0164210.jpg
 

 過去に寝台特急「銀河」が廃止になる3日前に乗ったときのことを思いだしました。嫌らしい話ですが、取り巻く鉄道ファンを尻目に乗車する気分は良かったです。

 出発したのち、駅のアナウンスで「業務連絡~、大宮支社の職員は会議室に戻ってください」と流れました。おそらくホームの警備に借り出されたデスクワークの人達なんだろうな、と。こういう現場に居ないと判らない、良い経験が出来ました。
[PR]
# by zeo-m | 2015-08-26 00:23 | のりもののはなし

車両売却

 今年2月、迂闊にも必要でもないのに平成13年式プレオRSの5MTを購入しました。(走行距離13万キロ、車検H29年2月)
現在、プレオ以外でもナンバー付4台所有しており、現住所の愛知県に3台、以前住んでいた埼玉県に1台とプレオを保管してました。埼玉に行ったときの足として1台は必要だけど、2台はやはりいらない。プレオを購入したのは、以前からRSの5MT乗ってみたかったからですが、本当に乗らないので売却することにしました。

 でも、保管場所に困っている訳ではないので、どこが一番高値がつくか?調べてみました。

 過去に何度も買い取り専門店にて売却した経験上、アップルさん、ガリバーさんはよっぽどプレミアが付く車以外は10年10万キロ走っている車は「処分費用を請求する」と言われた挙句に、せっかくだから無料で引き取ります、となると思われます。(プレオでは問い合わせていないので、私の先入観でありもしかしたら値段をつけてくれるかもしれません)

 経験上、大手買取店ではビックモータさんとラビットさんが良いはず。ということで、査定をお願いするとビックモーターさんは自動車税分7,200円で買い取りますとのこと。通常、最低でもリサイクル料(約1万)と自賠責未経過分(約2万)は戻る筈なので、実質0円引き取りの理由を確認すると、名義変更等の人件費、車両の移動保管などの経費が掛かるからとのこと。

 そしてラビットさんは、査定は0円だけど、リサイクル料と自賠責の未経過分は自身で手続きするなら手元に戻るようにしてくれる、とのことで、実質手元に3万ほど入る勘定になります。

 今回は余裕もあるので、ネット買取系にも手を広げてしました。

 クルマクションさんは1万買取。

 カーオクサポートさんは2.6万。カーオクサポートさんはヤフオクに一度5日間出品してくれるのですが、登録は買主が直接できず、オークションで買うメリットをすべて潰した方法で「落札してもらう気が感じられない出品」で、予想通り入札なし。よって、2.6万の買取。(実質振込み手数料を引かれ、入金は2.51万円)


 結果はラビットさんが一番条件が良かったということでしたが、カーオクサポートさんにお願いしました。

以下、プレオの思い出です。


e0113576_23594647.jpg


吸排気系社外、スーパーチャージャー小径プーリー装着、サスはノーマル。
ソコソコ速く燃費もよし。室内も広くメーター見やすく運転もしやすい。クラッチも使いやすく、まったく不満な点はなし。
とてもいい車なので、誰かにあげたかったけど、周りに欲しがる人も居なく正直もったいなかったと思ってます。
[PR]
# by zeo-m | 2015-08-02 00:06 | のりもののはなし

サンバーに苦戦

 兼ねてから欲しいと思っていた剛力サンバーを入手したものの、思ったようにいかない・・・。
e0113576_05798.jpg


 車検切れ抹消登録状態で大阪から購入、普段なら積載車を借りて取りに行くものの、時間が作れず回送業者「ゼロ」さんに依頼をしてみました。これがそもそもの間違いだった・・・。

 自宅まで配送され受領の際、配送担当のドライバーがサンバーを下ろし逃げるように帰って行った。愛想無いな、と思ったのもつかの間、ディマースイッチのレバーがガタガタで、ちょっと触ったら折れてしまった。

 売り主に確認したところ、発送前は問題なかったと。こりゃ、業者がやったに違いない。とりあえず、売主にクレームを入れてもらうことになったものの、その後は連絡なし。

 まあ、このときはすぐに部品入手できると甘く見ていたので、そっから放置。

 いざ、メーカーに部品を発注するも、廃盤で新品は出ない。じゃあ、同時期のレックス(K44型)を流用と思い中古部品を入手すると、レバーも本体の大きさも違い流用できず。

 その後のKT系サンバーはそもそもレバーが違う。じゃあ、それの前のK12スバルR-2のディマースイッチは大きさは同じだが構造と配線がとこなりポン付けできず。

 さらに調べると、KM系レックスが大きさも同じで一番近いが、配線が違うも、2種類のコネクタのうちひとつは同じなので、もっとも近いと判明。

 よって、KM1型レックスのディマースイッチの配線加工して流用することにしました。

 
e0113576_062948.jpg


  コネクターを加工し、いざ装着するも、どっか違った?作動しないし、どうにも加工したディマースイッチ壊れたらしい・・・。

 また、部品探しの振り出しも戻る・・・。いつになったら車検取れるのだろうか?
[PR]
# by zeo-m | 2015-07-12 00:09 | のりもののはなし

第4回 飛騨高山ウルトラマラソン参戦記 その2

 第3関門を通過し、次は61.9キロ地点の千光寺を目指します。一気に標高400mほど上がります。結構な急坂、周りの選手も弱っており、自分も走れはしないものの、早歩きでガンガン先行者を抜き去りました。
 
e0113576_126628.jpg


 この門の向こうに108段の階段があります。

 そして、この先光寺境内にエイドがあり、ここからまた長い下り坂。もう完全に膝が逝ってしまっており、下りは歩くのも強い痛みがあり、まったく走れません。

 次の関門は74.1キロ地点の「国府B&G海洋センター」。下りきった後はフラットなロードフラットでも継続的に走ることができなくなり、歩いて走っての繰り返し。4~5キロ毎にエイドがあり、途中アイシング用の氷が貰えたときはすごくありがたかったです。
 
 ただし、69・2キロ地点のエイドを越えたあたりで第四関門の制限時間15時20分を越えてしまいました。
 が、最終目的地として第四関門を目指します。

 ただし、残念なことに70キロ地点のタイム計測は既に撤去されかけていると悲しい現実が待っていました。
e0113576_1343733.jpg


 これにもめげず、第4関門を目指します。途中、1人と合流し、「どうせもう関門しまったから」と油断しつつ、2人で喋りながらとぼとぼ歩いていると、ついに回収バスが現れ、「自力で第四関門まで行きたいんだけど?」と申し出ても、「会場の撤去や他の選手の回送もあるのでダメ」と断られ、あと目標まで3キロほどの所でバスに拾われたのでした。

 そして、到着した第四関門はとても寂しかったです。
e0113576_1412252.jpg


 そして、第四関門からゴール地点の飛騨高山ビックアリーナにバスで回送され、更衣室で着替え帰宅したのでした。

 この大会、ゴール出来たら木製の完走メダルが授与されます。更衣室にいる方々は殆ど完走メダルを持っていたのが羨ましかった。
 
 そして、駐車場までのシャトルバスの車窓から、ゴールを目指して走っている参加者が多数頑張っていました。

 実は、自分には100キロ走りきる実力はまったく無いのは分かっています。でも、少しづつトレーニングして完走を目指したいと思います。
[PR]
# by zeo-m | 2015-07-05 01:48 | スポーツのはなし

第4回 高山ウルトラマラソン参戦記

 ブログを書かなくなり数年経過。最近は冬季はスキー、夏季はマラソンやトレラン、登山などの遊びをしており、目標はウルトラマラソン完走を目指してます。この高山ウルトラマラソンが2回目のウルトラマラソンに参加となりましたが、結果の記録を残そうと思い立ち、久しぶりにブログを再開してみました。

 6月6日土曜日、事前受付の為高山市内入り。受付会場及びスタート地点となる飛騨高山ビッグアリーナにて受付と、16時からの選手説明会に参加。その後、高山市内の民宿に宿を確保しておいたので、説明会後に宿へ18:15分頃にチェックイン。夕飯は19:00からで、AKB総選挙中継を見終わった頃就寝。

 自分のスタートは5:00なので、2時30分起床、3時に宿をチェックアウトし、駐車場に4時前着。シャトルバスで飛騨高山ビックアリーナ入りは4時30分ごろでした。

 荷物預けとトイレを済ませ、4時50分頃にスタートの列に並びます。
e0113576_0503235.jpg


 すぐ脇には、NHK BSで放送されているラン×スマからの参加、中村優さんとNHKクルーがいました。このNHKクルーが緻密な完走計画を立てているはずなので、前半はNHKクルーより前に出て、追いつかれたらついていくという作戦をその場で思いつき、実行することにしました。

 スタートして3キロほどで、高山市内の古い町並みゾーンへ。この時点では、NHKクルーを先行することに成功。
 
e0113576_0545279.jpg


 まずは21.8キロ地点の第一関門「道の駅ひだ朝日村」へ。スタートから標高差350mほどで、できるだけ早めのペースを守り、2時間15分ほどで到着。制限時間3時間15分なので、1時間先行。5分ほど休憩し、スタート。ここからじわりじわりと登坂路となっていきます。
e0113576_153925.jpg

 次の関門は39.2キロ地点の「飛騨高山スキー場」 登坂路も歩かず走ります。が、少しづつペースが落ち、35地点付近でNHKクルーに追いつかれ、そのまま先に行かれてしまいます。喰らいつこうとしたものの、「無っ理~」
 標高もかなり上がってます。
e0113576_172114.jpg


 第二関門に到着したのは10時5分で制限時間まで50分の余裕。第二関門はエイドも充実しており、トン汁などの振る舞いもあり、3杯ほど頂きました。NHKクルーも休憩しており、なんとか追いつくことに成功と思いつつも、先にスタートされてしまい、この後2度とNHKクルーを視界に入れることはありませんでした。

 ここからは長い下り坂。途中42.195キロ地点のタイムは5時間35分。下り坂でペースを上げていかないと完走は厳しいため、ちょっとがんばったのが裏目に・・・。左ひざに痛みが出るようになり、逆に下りで走ることが辛くなってしまいました。

 次の関門は57.2キロ地点の「丹生川支所」。長い下りが続いた後、フラットのロードへ。フラットならばまだ走れたのでペースは上がらないものの、走って関門を目指します。

 第三関門に到着したのが12時50分で関門閉鎖10分前。この後、また激坂が続きます。この時点で、ひざの痛みもあり完走は無理と判断、行けるところまで行く作戦に切り替えました。

 その2へ

 


 
[PR]
# by zeo-m | 2015-07-05 01:21 | スポーツのはなし

モーグルワールドカップ2014 猪苗代大会 その二

 3月1日のモーグルワールドカップ 猪苗代大会 の模様を紹介します。

 といっても、上村愛子選手を中心に記載します。

 試合の流れとしては、女子コースインスペクション→女子予選公式練習→女子予選→男子コースインスペクション→男子予選公式練習→男子予選→男女決勝公式練習→女子決勝→男子決勝となっています。

 公式練習には、もちろん参加されていました。
e0113576_22202351.jpg
e0113576_22204354.jpg
e0113576_22205836.jpg


 続いて、予選公式練習。
e0113576_22214131.jpg
e0113576_22221489.jpg
e0113576_22224536.jpg


 おかしい、滑りに精細がなく、エアーはスルー。

 28日の公式練習で転倒、負傷した影響か?と心配していると、公式練習後、ビブスを脱いでしまいました。

 そして、予選。スタート順は9番目。8番目は畑田萌香選手でいざ上村選手の順番で会場は愛子コールで沸いていたが、スタートラインに立ったのは、10番滑走のHeather選手。
 やはり、滑れる状況ではなく、欠場でした。

 愛子コールの中滑ったHeather選手、やりづらかったと思いますが、立派に予選通過してました。

 シングルは結局スーパーファイナルに進出した選手は女子の星野 純子選手のみで、しかもミドルセクションで失敗があり、メダル届かず。

e0113576_22334223.jpg

女子 ショーケース
e0113576_2234125.jpg

男子 ショーケース

明日は上村愛子選手も出走してくれることを期待し、更に日本人選手もがんばってくれそうな予感を感じつつ会場を後にしたのでした。
[PR]
# by zeo-m | 2014-03-02 22:38 | スキーのはなし



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧