ROAプロジェクト

一歩前進

 今日、ずっと悩んでいたことが一つクリアーできました。
 それは、去年の6月、埼玉から名古屋までの移動の際、名古屋高速小牧線本線上で発生した、スバル レックスのタイミングベルト切れ修理です。
 と言っても、修理が完了した訳ではなく、やっと原因がつかめただけなんですが。

 実は、何ヶ月も前からタイミングベルトカバーを外したかったのですが、クランクプーリーのボルトが外せず、作業が進まなかったのでした。

 汎用のプーリーを固定するSSTも購入したものの、クランクプーリーボルトはガンとして緩みませんでした。もう、工具に頼るしかない、と思いホームセンターのレンタル工具で「電動インパクト」を借りてみたものの、弱すぎてボルトに負けるし・・・。


 でも、今日なんとかパイプを駆使してボルトを緩めることに成功しました。プーリーを外し、タイミングベルトカバーを開けると・・・
e0113576_23391692.jpg

 タイミングベルトは溶けてました。

 原因は、ウォーターポンプの焼きつきと思われるロックによるものでした。
 ベルトは哀れにも、原型を留めてませんでした。
e0113576_23405626.jpg


 このレックス、平成16年にタイミングベルトは交換したんです。その時、けちってウォーターポンプの交換はしませんでした。頼んだ整備屋も「換えなくてもいいんじゃない?」って緩いことを言っていたものだから、ケチったのです。

 実は、会社の同期にスバルのディーラー上がりがおり、その同期にタイミングベルト切れの原因を聞いたら、ウォーターポンプじゃない?と言われたのですが、正にその通りでした。

 ケチってしまったばかりに、後日にしっぺ返しを喰らってしまいました。反省です。

 まあ、ここまで来たので、あとは部品頼んで組んで、早くレックスを路上復帰させたいものです。ただ、路上復帰した後、手放すことになると思います。
[PR]
by zeo-m | 2009-08-12 23:48 | のりもののはなし
<< お盆 バスボート >>



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧