ROAプロジェクト

第4回 高山ウルトラマラソン参戦記

 ブログを書かなくなり数年経過。最近は冬季はスキー、夏季はマラソンやトレラン、登山などの遊びをしており、目標はウルトラマラソン完走を目指してます。この高山ウルトラマラソンが2回目のウルトラマラソンに参加となりましたが、結果の記録を残そうと思い立ち、久しぶりにブログを再開してみました。

 6月6日土曜日、事前受付の為高山市内入り。受付会場及びスタート地点となる飛騨高山ビッグアリーナにて受付と、16時からの選手説明会に参加。その後、高山市内の民宿に宿を確保しておいたので、説明会後に宿へ18:15分頃にチェックイン。夕飯は19:00からで、AKB総選挙中継を見終わった頃就寝。

 自分のスタートは5:00なので、2時30分起床、3時に宿をチェックアウトし、駐車場に4時前着。シャトルバスで飛騨高山ビックアリーナ入りは4時30分ごろでした。

 荷物預けとトイレを済ませ、4時50分頃にスタートの列に並びます。
e0113576_0503235.jpg


 すぐ脇には、NHK BSで放送されているラン×スマからの参加、中村優さんとNHKクルーがいました。このNHKクルーが緻密な完走計画を立てているはずなので、前半はNHKクルーより前に出て、追いつかれたらついていくという作戦をその場で思いつき、実行することにしました。

 スタートして3キロほどで、高山市内の古い町並みゾーンへ。この時点では、NHKクルーを先行することに成功。
 
e0113576_0545279.jpg


 まずは21.8キロ地点の第一関門「道の駅ひだ朝日村」へ。スタートから標高差350mほどで、できるだけ早めのペースを守り、2時間15分ほどで到着。制限時間3時間15分なので、1時間先行。5分ほど休憩し、スタート。ここからじわりじわりと登坂路となっていきます。
e0113576_153925.jpg

 次の関門は39.2キロ地点の「飛騨高山スキー場」 登坂路も歩かず走ります。が、少しづつペースが落ち、35地点付近でNHKクルーに追いつかれ、そのまま先に行かれてしまいます。喰らいつこうとしたものの、「無っ理~」
 標高もかなり上がってます。
e0113576_172114.jpg


 第二関門に到着したのは10時5分で制限時間まで50分の余裕。第二関門はエイドも充実しており、トン汁などの振る舞いもあり、3杯ほど頂きました。NHKクルーも休憩しており、なんとか追いつくことに成功と思いつつも、先にスタートされてしまい、この後2度とNHKクルーを視界に入れることはありませんでした。

 ここからは長い下り坂。途中42.195キロ地点のタイムは5時間35分。下り坂でペースを上げていかないと完走は厳しいため、ちょっとがんばったのが裏目に・・・。左ひざに痛みが出るようになり、逆に下りで走ることが辛くなってしまいました。

 次の関門は57.2キロ地点の「丹生川支所」。長い下りが続いた後、フラットのロードへ。フラットならばまだ走れたのでペースは上がらないものの、走って関門を目指します。

 第三関門に到着したのが12時50分で関門閉鎖10分前。この後、また激坂が続きます。この時点で、ひざの痛みもあり完走は無理と判断、行けるところまで行く作戦に切り替えました。

 その2へ

 


 
[PR]
by zeo-m | 2015-07-05 01:21 | スポーツのはなし
<< 第4回 飛騨高山ウルトラマラソ... モーグルワールドカップ2014... >>



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧