ROAプロジェクト

360

 あれは、98年の長野オリンピックの時でした。その年の正月は志賀高原で迎えました。志賀高原ではアルペン競技が開催されることになっていましたが、当時は雪不足。オリンピックで使われるゲレンデに立ち、「雪が大丈夫か?」などと心配したのもです。その時、冬季オリンピックという一大イベントを肌で感じ、初めて冬季オリンピックに興味を示しました。 
 そして、上村愛子さんが一躍アイドルとしてマスコミに取り上げられ、モーグルという競技に興味を持ったことを覚えています。しかし、ビデオに撮って見るまでの興味はなく、スポーツ系のTVでダイジェスト版でモーグルの試合をTVで初めて見ることになりました。
 その時、大きな衝撃を受けてしまいました。男子の試合で、アイアンクロスヘリを見ました。「こんなことが出来たらなんて面白いんだろう?」でも、自分にゃむっり~♪25歳の私は何も考えずにモーグルという競技に憧れのみを抱いていました。
 何せ、私は運動オンチ。学生のころの体育の授業ではクラスの足を引っ張る存在。球技大会では、チームメイトにため息をつかせた回数は両手の指では足りません。
 その当時、いつかは出来たら良いな、と思っていました。一応、スキーは大好きだったので年に10回はスキーに行ってました。

 しかし、しつこくスキーを続けていくと、ソコソコこぶ斜を滑れるようになると同時に、スキー熱も一層高まり、年に20回は行くようになりました。ラッキーなことに、スキー大好きな仲間もおり、いつも同じメンバーで新潟に毎週のように通いました。

 そして、各スキー場にパークが設置されるようになると、私のスキー仲間はパークで遊ぶようになります。私はかなりのビビリなので、見ているだけでした。しかし、心の中には「いつかはアイアンクロスヘリ」という気持ちはありました。
 きっかけは忘れましたが、気付けば私もパークで飛ぶようになってました。といっても只のボージャンです。それからは、先ずはヘリが出来るようになることが目標となりました。
 そして忘れもしない3年前のシーズン最後の奥只見というスキー場で奇跡が起きました。ヘリが出来るようになったのです。その次のシーズンはいよいよアイアンクロスか?と思いつつも、回るのにイッパイイッパイでアイアンクロスをいれることなんて無理でした。
 
 結局、今年になっても進展はなし。挙句の果てに、ヘリもろくに出来なくなってました。これではイカン!!と先週の3月3日は「今日こそは!!」とおもいつつ、何度もチャレンジしてみました。

 で、なんとか回ることは出来、映像に収めることにも成功しました。
e0113576_052748.jpg
e0113576_05384.jpg
e0113576_054830.jpg
e0113576_055738.jpg

 しかし、映像で見てやや凹みました。へっぴり腰だし、完全に回り切れてないし、軸もズレズレ。でも、着地でコケずに何とかなってます。飛んでるときは、もうちょっと絵になるかな?と思ってましたが、ヒドイ!!カッコ悪い!!
 う~ん、アイアンクロスヘリまでの道のりはまだまだ流そうです。現在33歳。スキーを始めて13年、やっとここまで来たってもので、あと何年頑張ればアイアンクロスヘリが出来るのか!?道のりは長そうです。しかも、仲間内からは、「今どきアイアンクロスヘリ~?古いって」と寂しいことも言われています。でも、メゲずに踏ん張りまっす。
 
 
[PR]
by zeo-m | 2007-03-06 00:17 | スキーのはなし
<< 憧れ 色々なことがあるんですね >>



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧