ROAプロジェクト

激レア車

 今日も天気がよく、また車を磨いてました。今年の2月に買ったばかりの昭和60年式スバルレックスコンビ(M-KM1型)です。
 黒いボディは磨くととってもキレイに周りの風景が写りこみます。それで、是非街灯の光が映りこんでいる姿を撮影しようと企み、人気がなくなる時間まで待機し撮影。雰囲気を出すためストロボを炊かなかったら手ぶれ発生。見ずらくて恐縮です。
e0113576_1372939.jpg
しかも写真の構成とかの知識も無いため、街灯の写り込みなんてありゃしません。失敗です。

 さて、この車、もう22年前の車です。スバルレックス、昭和48年から平成4年まで存在した車でこれは3代目の後期モデルに当ります。
 軽自動車は古くなると即潰される運命にあります。特に550cc以降は骨董価値もないので、この車も良く生き残ったな、って感じです。

 でも、この車が現役の頃はたくさん走ってました。しかし、このグレード「ターボ」は滅多に見かけられなかったはずです。何台売れたのかは資料がないので分かりませんが、相当少ないはずです。
 ちなみに、スバルの軽でターボ搭載モデルがこれのみ。スバルってメーカーは意外に古くからターボを積極的に採用しており、レオーネ等に搭載されてました。でも、当時のターボはカタログスペックは大したことありません。このレックスは41馬力です。

 私自身、この型のレックスで「軽耐久」というレースに参加したことがあり、全開ではどんなものか知っているので、ターボ化されてどうなっているのか?すごく気になってました。
 実は、けっこう速いです。車体が600kgを切っているってこともありますが、4000rpm以上まわすとキビキビ加速します。で、ターボの証拠がこの写真です。
e0113576_24072.jpg
ブーストが掛かるとメーター中央にタービンの絵とTURBOの文字が浮かび上がります。昔のターボ車にあった嬉しい装備です。
 あと、この車、速度が85キロを超えると「キンコン」と速度警告のチャイムがなります。私が免許取った頃くらいから廃止(オプション設定化)された装備なので、ちょっと懐かしいです。

 でも、果たしてレックスターボの情報を知りたい人っていらっしゃるのであろうか?
[PR]
by zeo-m | 2007-05-01 02:11 | のりもののはなし
<< ボロ好き ごしごし >>



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧