ROAプロジェクト

トレーラー車検

 今日は午前中に仕事を休み、JETを載せるトレーラーの車検に行ってきました。6日で車検が切れてしまっているので、先週金曜日に借りた仮ナンバーで検査場まで向かいます。
 仮ナンバーの有効期限は5日間なので、今日行かないとまた借りなければならないんです。仮ナンバーは市役所で借りるのですが、1回につき750円の手数料を取られるので、何度も借りるのは勿体無いです、はい。

 思い起こせばこのトレーラーは毎回何かとヤラれます。新車で買って登録に行った時、時間が押している中で税金の手続きをするとき、所得税の免税処置の段階で物言いがつき、トレーラーの値段が分かる書類を用意せよ、と県税事務所から言われてしまったのです。ちなみに、車体価格は50万以下だと免税になるのですが、トレーラーみたく標準価格が設定されていない場合、自分で用意せねばならないのです。
 これは、トレーラーのカタログのコピーをJETを買ったお店に県税事務所にFAXしてもらい、なんとかなりました。私のトレーラーは「タイトジャパン」というメーカーの「ロプロス」という車名で定価28万5千円なので、バッチリ免税です。

 前回の車検のときは、検査中にウインカーが点かないというトラブルに見舞われ、検査官に「点検してから来い」とイヤミを言われ・・・。原因はカプラーの不良でカプラー部といじくったらなんとか点灯してくれ、セーフでした。

 こんな過去のしがらみを越え、今日もまた検査場へ。まあ、そんなに混んでなくてよかったな、という感じです。
e0113576_21424069.jpg
トレーラーの場合、検査はホイールナットの締め付けと駐車ブレーキの確認、灯火類の確認だけになります。
 検査官に書類を渡し、「はい、スモール点けて」「はい、ウインカー」「ハザード」などと続き、「ブレーキ」と言われた後、検査官が沈黙してました。どうにも、ブレーキランプが点いていないらしい。「そんな訳ないっしょ」と車がら降りると、しっかりとランクルのブレーキランプも点いていません。
 心拍数がけっこう上がりました。

 でも、けん引車のブレーキランプが点いていないということは、ヒューズが飛んでいるだけと推測できるので、とりあえずヒューズチェックです。すると、しっかりと飛んでました。
 次に原因を考えます。今朝、トレーラーにカプラーをつなげた時に若干濡れていたので、恐らく水滴でショートしたのでしょう。
 ヒューズを交換したら、大丈夫でした。

 
e0113576_2149477.jpg
検査終了で、やれやれの絵です。もし、原因がヒューズでなかったら午後も仕事を休む羽目になるところでした。
 今回もまた、トレーラーの車検でトラブル発生かぁ・・・。
e0113576_21513042.jpg
原因はコイツです。びっくりさせやがって・・・。

 ちなみに、今日は他にも収穫がりました。検査を受ける時に並んでいたら、マフラーを変えたレガシィが音量検査をやらされてました。確か6月から音量規制が強化されたためでしょう。今年の2月に我がレガシィの車検の時は無かったですから。近接排気音なんで、さほど厳しくは無いはずですが。

 でも、8月に来るミラージュの車検が少々心配に。なにせ、ミラージュにつけているマフラーは新品の段階で音量規制上限ギリギリなんです。経年劣化で引っかかっちゃうかも?
 とりあえず、車検時に何か手を打たねば・・・。
[PR]
by zeo-m | 2007-07-11 21:58 | のりもののはなし
<< 初めて見た!! 過去最高 >>



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧