ROAプロジェクト

考えすぎ?

 我がランクルのリアゲートにあるキーシリンダーのリングが外れていました。数週間前に、リングがちょいと浮いているのに気が付き、リングを外してみたら、爪が1箇所折れてました。
 そのまま爪が折れ、緩いまま付けていたのですが、遂に落下したみたいです。
 
e0113576_1212474.jpg
キーシリンダーの周り、スカスカになってます。

 なぜ、リングが外れたか?こんなもの、劣化で外れる訳ないので、誰かが外したとしか思えません。

 ランクル100は大きく分け前期、中期、後期に区別でき、私のクルマは前期の最終型です。ランクル100は盗難問題が大きくクローズアップされたクルマであり、前期モデルは3台に1台が盗難に遭ったとも言われています。

 そこで、トヨタも前期の最終型で大きく盗難対策を施し、その中の一つがリアキーシリンダーの取りつけ方法の変更がありました。
 
 ランクル100の盗難方法は色々有るそうですが、最もスマートな盗難方法は、一旦リアのキーシリンダーだけを盗みそこから合鍵を作って後日クルマを盗むという手口もあったそうです。

 そこで、メーカーはリアのキーシリンダーの車体の取りつけを金属のクリップ留めからビス留めに変更しました。クリップ留めだと、キーシリンダーリングを外し、マイナスドライバーでこじるとキーシリンダーが外部からでも外すことが出来たそうなんです。

 つまり、私のクルマも盗難に遭いかけた可能性が有った訳なんです。一応さまざまな盗難防止装置をつけており、セキュリティのメモリーから不正に開錠された履歴は無かったのでキーを複製された訳ではなさそうでした。

 私のクルマは盗難対策が入った個体なので、難を逃れたのかも知れません。が、また後日狙われる可能性もあります。

 さらに怖いことに、私のクルマはイモビライザーが突いているのですが、過去イモビライザー付きの車が盗難され、オーナーが車両保険を申請したところ、保険会社がイモビライザー付きの車が盗難不可能だから、保険金詐欺だということで不払いの決定をし、裁判沙汰になったこともあったそうです。
 
 という事で、また盗難除けのアイテムを増やしたのでした。

 で、いつまでもキーシリンダー部に風穴を開けておくわけにはいきません。こういった小さい部品もディーラーで簡単に買えるので、速攻で注文です。すると、翌日には部品が届きました。
e0113576_1382477.jpg
代金210円也。

 そして、ただはめ込むだけなので、直ぐに装着!!
e0113576_1391079.jpg
キーシリンダーの周りをよくよく見ると、こじったあともあり、本当に嫌な予感が・・・。

 ランクル100の国内車では最後のマニュアルミッション車で、中古市場にも全く出回らないクルマなので、たとえ保険金が下りても再び購入することが出来ません。本当にこれがただの考えすぎであってくれることを祈るばかりです・・・。
[PR]
by zeo-m | 2007-08-09 01:42 | のりもののはなし
<< 花火大会 逆の季節 >>



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧