ROAプロジェクト

お手伝い

 今日は朝から仲間の車を修理するためにお手伝いに行ってました。


 修理の内容は、エンジン換装。と言っても、只のエンジン換装ではありません。何年式の車だか忘れてしまいましたが、確か昭和45年くらいの車です。

 
e0113576_22495486.jpg
スバル1300Gという車です。非常に珍しい車です。

 どうにも、走行中にエンジンルームから出火してしまい、すぐさま消火器で消火したものの、エンジンルーム内がやられてしまったとのことでした。

 今朝までに、おおよそのパーツは外された状態でした。これが私がお手伝いに行った時の状況でした。
 
e0113576_2252215.jpg
この車のエンジンは水平対向4気筒 OHVなんですが、用意されていた予備エンジンが仕様が違っており、要はスポーツグレードのエンジンを用意したつもりだったのに、標準エンジンだったという訳です。違いはインテークマニホールドの位置及び、カムプロフィールだそうです。水平対向エンジンでOHV,だと、クランクケース内にカムシャフトがあるため、エンジンを割らないとカムが交換できない、さてどうする??なんてことになり、作業がなかなか進まなかったです。

e0113576_2301798.jpg
流石に私はこの特殊なエンジンは知識が全く無いので、作業としてはエンジンルーム内のさび止め塗装でした。POR15という塗料を塗布したのですが、これが一度手につくと落ちない・・・。風呂に入っても取れませんでした。参った!!
 今日のところは、エンジンを搭載して終了って感じです。

 今日、この作業をしながらちょっとした恐怖体験が・・・。作業していたのは駐車場なんですが、駐車場に置いてある廃車にアシナガバチの巣があったんですが、オオスズメバチがやってきて、アシナガバチの巣を襲撃しているんです。その間、ハチ同士の格闘、かと思いきやアシナガバチは抵抗するまでもなくヤラれていく・・・。その現場まで距離にして5メートル。たまに、スズメバチが頭の脇や腕の脇を飛んでいく・・・。頭の脇を通る時は、ブゥゥン、とドスの利いた羽の音が聞こえます。
 スズメバチ、巣の近くでなければ無視をしておけば差されることはないはずなので、たとえ腕のそばを通過しようとも振り払ってはいけません。
 
 久しぶりにスズメバチを間近で見ましたが、出来ることなら見たくないものです。
[PR]
by zeo-m | 2007-09-02 23:09 | のりもののはなし
<< 怪談話 名古屋風 >>



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧