ROAプロジェクト

穂高登山 2日目

 9月9日の朝、3時半起床でした。山小屋での朝と言えば、布団にいつまでも居座り、たとえ日の出を見に外に出よう、という誘いも全て断り睡眠欲を満たすことを続けてきた私ですが、この日は一発で起きました。午前4時発という予定なので、ここで寝坊して足を引っ張る訳には行きません。
 しかし、出発直前にケトル(やかん)が無いのに気付き、捜索に15分ほど掛かってしまい、少々出発時刻を遅らせてしまうという事をやらかしてしまいました。昨夜、使った場所に置き忘れてました・・・。

 さて、気分を取り直して先ずは奥穂高岳への登頂です。冷たい風がビュービュー吹いてますが天気は良く、星がとても綺麗に見えてました。
 
e0113576_21214316.jpg
夜明け前なので、真っ暗です。しかも、6人中ライトなしが2人もおり、照らしあいながらやれ鎖場、やれ梯子と進んで行きます。
 
e0113576_21225015.jpg
e0113576_2123585.jpg
鎖場も梯子も真っ暗の中だと一層の緊張感もあり、けっこう面白かったです。


 そして、無事登頂。
登頂したときは、夜明け直前でした。ここで、「写真命」って3人と、ぼぉぉ~、と風景を見る3人と二手に分かれました。私はもちろん後者。写真班が写真を撮り飽きるのを待つ時間を使って、モーニングコーヒーの準備をします。標高3190m、日本で3番目に高い場所でのむコーヒーは格別です!!ここでコーヒーが飲みたい為、今朝必死にケトルを捜索したのでした。
 
 とは言っても、私も写真はガンガン撮りました。
e0113576_21285115.jpg
こんな感じの360度パノラマ風景を満喫しながら、朝食とコーヒータイムです。

 登頂のあとは下山です。今回は、来た行程を戻るのではなく、吊り尾根を下って上高地まで下りるルートになります。上高地のカッパ橋から正面に見える風景を歩いて下りていくことになります。
 このルート、非常に険しいです。
 
e0113576_21341273.jpg
e0113576_21342249.jpg
こんなガレ場や鎖場を下りていきます。

 そして、途中にある美恵子平というと言うところで小休止し、ついでにここから前穂高岳を登頂します。
 
e0113576_21364897.jpg
太陽も高く上がってきて、日差しはやや強いものの温度は丁度いい感じでした。

 この登頂を始めた直後に、私の左ひざになにやら不穏な違和感が・・・。引き返すべき!!と言うことも考えましたが、まあいっか、とそのまま登頂を続け、登頂成功。
e0113576_21391529.jpg
標高3090m、また北アルプスの山を一つ攻めたぜ、と満足感に浸りたい所でしたが、左ひざの違和感が痛みに変り、他の仲間に黙って「登るんじゃなかった」と早くも反省したのでした。

 それでも、普通に下り再度美恵子平へ。また休憩し、下山再開です。この時点で、すでに左ひざは痛みだけでなく、普通に歩けない状態でした。

 しかし、この先の登山道はとっても厳しい・・・。
 
e0113576_21435995.jpg
はっきり言って、歩くたびに左足に激痛が走り、ペースを思いっきり落とさないと進めないありさまでした。とりあえず、4人が先に行き、途中で待ってもらい私と付き添ってくれた1人が追いついたらまた進む、という感じで思いっきり足を引っ張ってしまいました。
 体力は腐るほど余っているのに、膝の痛みで全然進めれない・・・。

 まあ、途中の休憩場所である岳沢までたどり着けば、あとは緩やかな道になる、と勝手に思い込み、痛む左ひざに鞭打ってヨチヨチ下りました。

 悔しいのが、この下山に苦戦しているみっともない姿をゲラゲラ笑いながらビデオで撮影している輩がおり、撮影を阻止したくとも体が動かずやられるがまま・・・。

 この後、予定時間よりやや遅れで岳沢に到着。休憩すれば少しは良くなるだろう、との思いもむなしく、痛みは引くこともなく、また辛い下山が続くのでした。
e0113576_2223911.jpg

吊り尾根と岳沢です。

 岳沢の休憩も終わり、下山再開です。最初は緩い下りで樂だったのですが、直ぐにこんなガレ場が・・・。
e0113576_22846.jpg
本当にカンベンして!!などと思いつつも、自分のしでかしたこと。動けるだけマシだ、と自分に言い聞かせながら、右ひざを痛めたらアウトなので、より慎重に下ったのでした。

 そして、予定時刻より遅れること1時間ちょっとでなんとか上高地に到着。屈辱的なことに、上高地に来ている観光客にバンバン追い越されながらバスターミナルに向かい、おみやげを買ってバスで駐車場へ。

 この後、白骨温泉で汗を流し、帰路についたのでした。膝はとても痛いまま。でも、悔しいので運転は代わらずに帰ったのでした。

 膝を痛めつつも約1400mの標高差を下ったのですが、本当に辛かったです。反省点としては、前穂高岳に登るのではなかった、という事とシップなどを持っていくべきだったな、と。
 かなり苦しみましたが、いい勉強になりました。いや~、自力で下りれて助かった!!

 

 


 
[PR]
by zeo-m | 2007-09-14 21:35 | お山歩きのはなし
<< サイクリング 待ってました~ >>



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧