ROAプロジェクト

挑戦・・・、でも無謀??

 4月6日に白馬 八方尾根スキー場で開催されたJAL杯スーパーモーグルCUP2008、エントリーしてしまいました。参加資格は、「性別、男女問わずモーグルに興味がある人」とあるので、参加資格は十分に満たしています。
 
 4月5日に新潟の奥只見丸山スキー場に行き、夜9時頃自宅に戻り、11時ごろ就寝、明けて6日午前2時起床、3時発で八方尾根スキー場を目指しました。

 大会の受付は7時からゴンドラリフト乗り場前なので、ゴンドラリフト前の駐車場に6時50分に到着しました。
 着替えて、ちょっとだけ仮眠して、7時10分頃受付を済ませ、会場である兎平ゲレンデを目指し、ゴンドラに乗り込みました。
 当日は晴天です。いざ、コースを目の前にしてみると、ドン引きしてしまいます。公式練習に入る前から、「やめておけば良かったかも・・・」と何度も思いました。
e0113576_23582043.jpg


 公式練習は8時からですが、ちょっと遅れ8時25分頃にコースオープンとなりました。いざコースを滑ってみると、とっても難しいです。正直、エアーは第一でツイスター、第二でスプレッドをやろう、と思ってましたが、いざコースを滑ってみると、何もしなくても着地で飛ばされ、コースアウトしてしまいました。コブも、ちょっとペースを上げると直ぐにバランスを崩し、転倒してしまう・・・。

 要するに、自分のレベルが低すぎ、この大会に出るようなスキルは持ち合わせていない、という事です。

 こんな現実を思い知らされながら、予選スタートの時間が迫ります。でも、折角出場するなら、完走だけはしたい・・・。
 という事で、エアーは完全に捨て、ターンだけでもしっかりやろう、とスタートを待ちました。

 ちなみに、想像はしていたもののギャラリーの数は尋常ではないです。こんな所を滑るとは・・・、緊張しまくりです。
 
e0113576_0111114.jpg


 最初にエキシビジョンとして、新谷奈津美選手、西伸幸選手、そして上村愛子選手の滑走があり、その次に女子の予選、男子予選と続きます。
 女子はエントリー11名で、私のゼッケンは1桁なので、滑走後にスタートでした。

 さ、スタートが刻々と迫ってきます。私の前の選手がスタート台に立ったとき、ミスアナウンスがあり、私の名前が呼ばれてました。あ~、少しでも目立ちたくないのに・・・。余計、緊張してしまう・・・。

 そして、ついにスタート台に立ちました。こうなったら開き直るしかないです。思っていたほど緊張してなかったです。
 
 滑り出して、第一エアー、とりあえずこじんまりとしたスプレッドをやり、練習で一度も上手くいかなかった着地も成功、「よし!!」と思いながらそのまま滑りましたが、第二エアー前で板を絡めてしまいバランスを崩し、ストップ。第二エアーをスルーして、行けるだけ速く!!と思った瞬間コケ、板まで外れてしまいました。
 板が外れても10秒以内で履ければセーフだったのですが、ちょっと手こずってしまいアウト。失格となってしまいました。

 目標としていた完走も出来ず、非常に残念な結果で終わってしまいました。でも、こんな私にも拍手をしてくれた方もいらっしゃり、本当に感謝!!でした。
 このままじゃ悔しいので、更に練習して再度チャレンジしてやろう、と心に誓いました。

 さて、ここからはエキシビジョンの話です。選手ならではの位置で見る事はできました。
 
e0113576_0282384.jpg
スタート前の上村愛子選手です。
 そして、世界一の滑りがこちら。

会場は盛り上がってました。

 今回、とても悔しい結果でしたが、また新たな目標ができました。ますは、ちゃんと基本的なエアーをして完走できるように、練習して出直します。
[PR]
by zeo-m | 2008-04-08 00:42 | スキーのはなし
<< JALフェスティバルin HA... 奥只見丸山 春シーズン >>



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧