ROAプロジェクト

コース紹介

 先日取得した中型2種の埼玉県試験コースと、ちょっとしたコツを書きたいと思います。コースを走るコツは、普通だろうが大型だろうが同じです。ただ、中、大型の場合は歩行者や対向車のはみ出し等、細心の注意が必要になります。

 中型コースは今回の試験官がもっていたコース図を盗み見した限りでは、2パターンあるようでした。1コースは試験場を出て左折し、試験場正門前を右折し17号に入っていくコース、そしてもう一つが試験場を出て右折するパターン。私は2コースでした。

 
e0113576_1842469.jpg
試験場を左折し、この直線路で1回目の路端停車。写真にある標識のポールに中央扉の幅に合わせて停車します。
 
e0113576_18432362.jpg
路端停車の時、顔は前を向いたままで停められるのがベストですが、目視しても構いませんが、凝視はNG。目標物が自分の横を通過するときに一旦目標を見て、一度前を向いて、再度振り返り目標物と扉の位置を確認し、再度前を向いて止まるギリギリの時点で再度位置を確認します。
 要は、前方にも気をつけなければならないのです。

 このあと左折し、信号を1つ通過したあと2度目の路端停車。今度は追い越し禁止と駐車禁止の標識でした。
e0113576_18474435.jpg

 路端停車の時、サイドブレーキを掛けますが、ブレーキは踏みっぱなしです。ブレーキは発車まで放してはいけません。

 続いて国道17号に左折で進入するのですが、もしも右折車がいてそのままいけないなら、停止線の位置で停車します。
 2車線のうち、第一通行帯を走り、鴻巣駅右とある道路標識を通過し(右折する300m手前)第二通行帯に車線変更をします。
 道交法では、2車線以上ある道は最も左を走る、との規定になっているので、次の信号を右折するからと言ってイキナリ第二通行帯に入ってはいけません。

 17号を鴻巣駅に向かって右折し、最初の信号、次の信号と若干上り坂になってます。もし信号に捕まったら、サイドブレーキを使った坂道発進の手順を取るのが良いみたいです。
 
 そして、3度目の路端停車が「花の町鴻巣」のアーケードの支柱でした。
e0113576_1855564.jpg

 そして、この先の信号を右折です。ここは矢印が無いので、もし前に右折車が居たら停止線の位置で止まり右折のタイミングを待ちます。
 また、前走車が居なくても、右折で交差内に進入しすぎると対向でバスが来た時なんかに走路妨害をしてしまう恐れがあるので、交差点には進入しすぎないように注意が必要です。

 右折した先は、もっとも人通りが多いので注意です。横断歩道に人がいたら止まる、横断歩道意外のところを横断しようとしている人がいたら、対向車が居なければ止まってあげた方が良いです。自転車は、対向車が無ければ中央線を越えて追い越しします。

 そして、17号と合流する交差点で右折。ここは、大きく右に曲がるので、停止線の位置に注意です。
 
e0113576_191469.jpg
丁度、タクシーがいる地点付近で停車します。

 この後、鴻巣警察署前を左折し、試験場に戻ってゴールです。この警察署前は、信号待ちの車が多く止まってます。こういった所を走るときは、車の陰から人が飛び出しても良い様に、加速はじわりと、シフトアップも3速までにします。こういうアピールも必要なんです。

 とりあえず、思いつくままポイントを書いてみました。これが参考になると嬉しいです。
[PR]
by zeo-m | 2008-05-06 19:07 | のりもののはなし
<< 3rd 作戦成功 >>



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧