ROAプロジェクト

数時間後

 第2回目の大型特殊2種の受験に行って来ます。

 前回の、方向転換が終わった時点で試験官から「残念ですが、ここで試験終了です」と言われた時は「何でだてぇー??」(注:名古屋弁)と疑問でした。それまで、本人は能天気にもノーミスのつもりでしたから。

 その後、良く考えました。大型特殊の場合、1種も2種も試験コース的には難易度はさほど変わりません。でも、2種は1種より上位免許なので、1種と違いがあるはずなんです。一回目の時は、大型特殊2種なんて使い道も大してない免許だから、そんな厳しくないだろう、とちょっとナメていた面もありました。
 なにせ、練習場の教官も「基本的には1種と同じです」、と言ってましたから。

 前回の受験の時で左折大回りを指摘されたのですが、自分としてはちゃんと小回りできるように、ハンドルを切り始めるタイミングと、速度は問題なかった自信があります。
 では、何がダメだったか?一つ思い当たるのが、左折時にステアをフル転舵させてなかったんです。
 車両が中折れ式で内輪差がないので、ハンドルを切れるだけ切れば、それだけカーブの内側に入るので、もしかしたら、この事を指摘されたのではないかと。

 とは言っても、10~20センチのレベルです。

 そう、この数十センチの差が、1種と2種の差なんだと思います。

 という事で、この点に気をつけて受験してこようと思ってます。
 って、基本的にどんくっさい方の人なんで、もっとしょうもないミスをして不合格、なんてこともあり得るので、それも気をつけねば。
[PR]
by zeo-m | 2008-06-05 02:23 | のりもののはなし
<< ケッ Car検 >>



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧