ROAプロジェクト

6度目の結果

 大型2種免許、また不合格でした。

 今日は午前の受験で、受験者3名のうち、受験番号1でした。
 場内課題は、左折進入の鋭角と縦列駐車。他の二人は、受験番号2の人が左折進入の鋭角と左バックの方向転換、3の人が縦列駐車と同じく左折侵入の鋭角でした。
 ここで、2番の人が脱落・・・。

 今日の路上コースは、試験場を出て左折し、正門前信号を右折、国道17号を右折し、明神前の交差点を左折、鴻巣駅前交差点を左折し、再度国道17号を左折し宮前の交差点を右折、鴻巣の交差点を右折する、良く使われるコースでした。

 今回は、鴻巣駅前交差点で左折し、国道17号を直進して試験場に戻ったのでこの時点で減点超過していたはずなのですが、指定場所停止があったので時間的にコースを短縮したのか、サービスで指定停車をさせてくれたかは謎です。

 今回の敗因は、国道17号の明神の交差点を左折する時、大回りになってしまった挙句にふらついたのと、1回目の指定場所停車で不覚にも位置が前過ぎたこと、さらに、左折時に後方確認とハンドル操作が同時にしていた箇所があったこと、でした。

 明神の交差点はくるっと回り込むような鋭角的な左折箇所です。この時、片側2車線ある国道17号の右車線に4トントラックがいたので、小回りをさせるべく切り込んだらオーバーハングで邪魔してしまうな、と前回の試験で指摘されたことを考えていたら、思いっきり大回りしてしまいました。
 オーバーハングを気にするなら、止まって4トン車とのタイミングをずらす、が正解だったと思います。
 また、この交差点で指摘されたふらつきは、意図的にしたもので、どうろ右側のゼブラゾーンと左側の白線を踏まないように逃げた結果なので、どっちにしろ左折のアプローチがダメだったと言う訳です。

 左折時の確認とハンドルが同時になっている点は、大型特殊2種でも指摘されたことがある事で、悪い癖です。今度は再度意識すれば良いことなんで・・・。

 という事で、本当にハードルは高いです。
 でも、今回試験後の試験官のワンポイントアドバイスで開口一番、「運転とても上手いですね」って言われたのが救いです。あと、変な位置に路上停車車両がいたり、横断歩道でない所を渡ろうとしていたおばあさんに道を譲ってもシカトされ、試験官も「行きましょう」と行った矢先に横断を始められたり、バス停に止まっていたバスが発車のウインカーを出したので止まってまっていても出てこなかったり、自転車が2度も飛び出してきたり、と色々なハプニングがありましたが、これらの対応は全て良かったそうです。

 つまり、基本操作が未熟、ってことの裏返し・・・。まだまだなんでしょうか???

 さらに、今回で遂に予算が尽きたので、なかなか試験が受けられなくなりそうです。止せば良いのに始めたフルビット計画、断念と言う選択を迫られてきました・・・。
[PR]
by zeo-m | 2008-08-05 01:23 | のりもののはなし
<< 10円に泣く 暑い日 >>



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧