ROAプロジェクト

 今日で2008年最後の日、思い出したかのように25日の結果を書かせて頂きます。

 あの日、午前8時10分からけん引2種の教習をうけ、方向転換もばっちり決まるまで技量Upして、いざ鴻巣の運転免許試験場に向かいました。

 試験コースは1コース。私は20歳の時に大型免許を愛知県の平針運転免許試験場で受けて以来、試験場一発試験を受けてきてますが、受かるのは必ず1コースというジンクスがあるので、完全に「受かったな」と思ってました。 
 鴻巣に到着してすぐ、入念なコースチェック。大体けん引2種のコースは全長2キロほどなんですけど、これを2回、コース図に則ってコースを歩きました。
 ここでミラー確認、ウインカー、目視、進路変更、みたく、ポイントでの動作をチェックしました。

 そして、食堂に行きカツカレーを食べ、またコースに戻って3周目のコースチェック。ここで、コース見学終了時間(12時45分)になったのでした。

 この日の試験官は、普通の感じのM氏。親切でもなく厳しくもない方です。ちなみに、親切な人ほど合格はくれず、威圧的な人のほうが合格をくれる気がします。

 また、めずらしく大型特殊もやってました。普通は重なることはないのですが、年末だからでしょうか?
 指定速度の区間で前方に大型特殊車両がいたら厄介だな、と思いつつ、試験順は2番目で早々にコースインしたのでした。

 ちなみに、この日の受験者は計6名で、私以外は全て1種の方でした。

 コースインする前、根拠の無い自信満開だった私は、「1種の皆さん、俺の完璧な演技をとくとご覧あれ。そして、技を盗んでくださいな」なんて強気な事を思ってました。

 試験車に乗車し、スタート、最初のカーブを抜け、スロットルを開け加速!!シフトアップ!!最初の右折地点手前80m付近くらいで最初の目視、ウインカー、目視、右寄せしつつ減速、そして交差点を右折。

 すると、すぐ先に踏み切りです。踏み切りで一時停止し窓を開け左右確認をして2速でスタート。トレーラーが線路を通過するまでシフトアップを我慢し、トレーラーが踏み切りを抜けたところで3速にシフトアップし、左後方の目視とウインカー、すぐの十字路での左右確認、目視、左寄せ、そして、S字に進入しました。

 踏み切りを通過した時点で試験官のペンが動いたのが気になりましたが・・・。

 ここで、やっちゃいます。S字進入時、トレーラーの左タイヤで縁石を踏んでしまい、まさかの試験中止。
 ・・・・・・・・・・。

 あの、試験前の強気はなんだったんだろう??やらかして終わってしまい、そそくさと発着場所に戻され、そのまま予約して逃げるように試験場を後にしました。
 試験直前まですごく強気だったのに完走するどころか早々なりタイヤ、とても恥ずかしかった
です。


 そんなこんなで2008年中に免許フルビット計画に失敗したんですけど、あと1~2回受けて駄目だったら、ちょっと間空けます。


 さて、来年はどうなるんだろう?不安一杯の年越しを迎えてしまいました。

 
[PR]
by zeo-m | 2008-12-31 21:22 | のりもののはなし
<< 謹賀新年 セコ技 >>



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧