ROAプロジェクト

カテゴリ:のりもののはなし( 212 )

TRDラリー in 高岡

 9月27日、富山県高岡市で開催されたTRDラリーチャレンジのヴィッツC-2クラスのナビゲータとして参戦しました。
 
 TRDラリーは1日で完結するラリーで、コースの下見であるレッキ、ドライバーミーティング、セレモリアルスタート、速さを競う9回のSSと正確な時間で指定区間を走行する移動区間、そして表彰式までが行われます。

 まずはレッキ受付を済ませ、レッキへ。コマ地図を見ながらSSの下見に行きます。

 スタートして5個目のコマ地図を見誤りミスコース!!こう帰りたくなったけど、直ぐミスに気づき元に戻ります。

 その後は順調にレッキを済ませ、もろもろ準備をしていざスタートへ。ここにきて、かなり強い雨が降ったり止んだり。
e0113576_23544036.jpg
 スタートは、高岡市役所。ここからSS1へ向かいます。

 SS1は林道を使ったターマック(舗装路)のステージ。大荒れでした。
 スタート時点でコース上にリタイヤした車両が数台いるとのこと。ところが、スタートして少々行った所で1台横転した車両が目の前に。ドライバーがうまくかわし事なきを得るも、少々ビビったもんです。

 続いてSS2も同じくターマックの林道。SS1にくらべやや難易度が落ちます。
このSSを終えると、富山湾が見える絶景ポイントになるのですが、指定時間があるのでのんびり止まってはいられません。
e0113576_00105643.jpg
 SS3はギャラリーステージ。丁度TOYOTA GAZOO Racingのイベントも開催されており、AKBのチーム8も来場するらしい。
 よって、多くのギャラリーで賑わっていました。

e0113576_00135943.jpg



e0113576_00270487.jpg
 このSS3を終えると一旦スタート地点に戻り、サービスタイムと昼休憩、そしてリグループと呼ばれる時間調整を経て午後の部へ。

 午後はSS4(SS2のステージ2回目)→SS5(SS1の2回目)→SS6(SS3の2回目)→SS7(SS2の3回目)を経てゴールへ。


 
e0113576_00275350.jpg
とりあえずペナルティーなく無事走りきり暫定中に発表となります。暫定順位が出るまではクルマのキーをオフィシャルに預けるので、片付けができません。

 暫定準備が出たのは17時すぎでした。ここで、3位以内に入賞すると再車検があるので帰り支度が遅れます。

 実はこのとき体調を思いっきり崩してしまい、確実に発熱しているようで悪寒と喉の痛みに耐えておりました。
 
 そして、暫定順位が発表されました。結果、クラス優勝。
 しかし、素直に喜べません。体調悪いのに帰りが遅くなる。しかも、明日の仕事は休めないので明日までには体調を回復させねばならない・・・。

 でも、しっかりと表彰台の中央に立ち、優勝と書かれた盾とゴールドメダルをもらったらちょっと体調も回復した気もしました。

 その後、タイヤは着替えや片付けをし、帰宅できたのは23時過ぎ。辛かった・・・

 翌月曜日、発熱状態でまる一日仕事に出る羽目になったのでした。

[PR]
by zeo-m | 2015-10-01 00:30 | のりもののはなし

寝台特急北斗星

8月21日、休暇を利用し東京の新宿と上野に行っておりました。東京から埼玉県の熊谷へ行くため、大宮で高崎線に乗り換えようとホームに行ってみると、行き先表示板に意外な表示が。

 
e0113576_23583328.jpg

 平日の16時台の割にホームには多数の人、そして「警備」と書かれた腕章をつけたJR職員。寝台特急北斗星の下り最終列車が来る、というものでした。
 北斗星って既に廃止となっていると思っていたのですが、臨時列車として残っており、その臨時列車としての最後ということでした。

 高崎線の16:41発に乗ろうと思っていたの、4分後の北斗星を見学していくか?ちょっと悩んだもののせっかくなので見ていこう、と。

 発着するホームだけでなく、線路を挟んだ反対側のホームにも多数の人だかりでした。

 しかし、放送で「大宮~土呂間の線路上に人が立ち入り一時運転を停止している」と。そして、電車の到着が遅れる、とも。

 その影響で宇都宮線の北斗星の先発列車の発車が遅れ、北斗星の発着ホームの反対側に停車し、そこに居た北斗星の全景を撮影しようとしていた人達の視界をふさぐように停車したまま、北斗星が先に出発することになったのでした。

 よって、反対ホームにいる人達は死に物狂いで猛ダッシュしてました。線路上に立ち入った人間もおそらく心無い鉄道ファンであろうし、一人(若しくは複数)の自分勝手な行動が楽しみにしていた多数の鉄道ファンの撮影プランが台無しになるという悲しい出来事が発生してました。

 そして、遅れること10分、北斗星がホームに入ってきました。
e0113576_0154742.jpg

e0113576_0161855.jpg

e0113576_0164210.jpg
 

 過去に寝台特急「銀河」が廃止になる3日前に乗ったときのことを思いだしました。嫌らしい話ですが、取り巻く鉄道ファンを尻目に乗車する気分は良かったです。

 出発したのち、駅のアナウンスで「業務連絡~、大宮支社の職員は会議室に戻ってください」と流れました。おそらくホームの警備に借り出されたデスクワークの人達なんだろうな、と。こういう現場に居ないと判らない、良い経験が出来ました。
[PR]
by zeo-m | 2015-08-26 00:23 | のりもののはなし

車両売却

 今年2月、迂闊にも必要でもないのに平成13年式プレオRSの5MTを購入しました。(走行距離13万キロ、車検H29年2月)
現在、プレオ以外でもナンバー付4台所有しており、現住所の愛知県に3台、以前住んでいた埼玉県に1台とプレオを保管してました。埼玉に行ったときの足として1台は必要だけど、2台はやはりいらない。プレオを購入したのは、以前からRSの5MT乗ってみたかったからですが、本当に乗らないので売却することにしました。

 でも、保管場所に困っている訳ではないので、どこが一番高値がつくか?調べてみました。

 過去に何度も買い取り専門店にて売却した経験上、アップルさん、ガリバーさんはよっぽどプレミアが付く車以外は10年10万キロ走っている車は「処分費用を請求する」と言われた挙句に、せっかくだから無料で引き取ります、となると思われます。(プレオでは問い合わせていないので、私の先入観でありもしかしたら値段をつけてくれるかもしれません)

 経験上、大手買取店ではビックモータさんとラビットさんが良いはず。ということで、査定をお願いするとビックモーターさんは自動車税分7,200円で買い取りますとのこと。通常、最低でもリサイクル料(約1万)と自賠責未経過分(約2万)は戻る筈なので、実質0円引き取りの理由を確認すると、名義変更等の人件費、車両の移動保管などの経費が掛かるからとのこと。

 そしてラビットさんは、査定は0円だけど、リサイクル料と自賠責の未経過分は自身で手続きするなら手元に戻るようにしてくれる、とのことで、実質手元に3万ほど入る勘定になります。

 今回は余裕もあるので、ネット買取系にも手を広げてしました。

 クルマクションさんは1万買取。

 カーオクサポートさんは2.6万。カーオクサポートさんはヤフオクに一度5日間出品してくれるのですが、登録は買主が直接できず、オークションで買うメリットをすべて潰した方法で「落札してもらう気が感じられない出品」で、予想通り入札なし。よって、2.6万の買取。(実質振込み手数料を引かれ、入金は2.51万円)


 結果はラビットさんが一番条件が良かったということでしたが、カーオクサポートさんにお願いしました。

以下、プレオの思い出です。


e0113576_23594647.jpg


吸排気系社外、スーパーチャージャー小径プーリー装着、サスはノーマル。
ソコソコ速く燃費もよし。室内も広くメーター見やすく運転もしやすい。クラッチも使いやすく、まったく不満な点はなし。
とてもいい車なので、誰かにあげたかったけど、周りに欲しがる人も居なく正直もったいなかったと思ってます。
[PR]
by zeo-m | 2015-08-02 00:06 | のりもののはなし

サンバーに苦戦

 兼ねてから欲しいと思っていた剛力サンバーを入手したものの、思ったようにいかない・・・。
e0113576_05798.jpg


 車検切れ抹消登録状態で大阪から購入、普段なら積載車を借りて取りに行くものの、時間が作れず回送業者「ゼロ」さんに依頼をしてみました。これがそもそもの間違いだった・・・。

 自宅まで配送され受領の際、配送担当のドライバーがサンバーを下ろし逃げるように帰って行った。愛想無いな、と思ったのもつかの間、ディマースイッチのレバーがガタガタで、ちょっと触ったら折れてしまった。

 売り主に確認したところ、発送前は問題なかったと。こりゃ、業者がやったに違いない。とりあえず、売主にクレームを入れてもらうことになったものの、その後は連絡なし。

 まあ、このときはすぐに部品入手できると甘く見ていたので、そっから放置。

 いざ、メーカーに部品を発注するも、廃盤で新品は出ない。じゃあ、同時期のレックス(K44型)を流用と思い中古部品を入手すると、レバーも本体の大きさも違い流用できず。

 その後のKT系サンバーはそもそもレバーが違う。じゃあ、それの前のK12スバルR-2のディマースイッチは大きさは同じだが構造と配線がとこなりポン付けできず。

 さらに調べると、KM系レックスが大きさも同じで一番近いが、配線が違うも、2種類のコネクタのうちひとつは同じなので、もっとも近いと判明。

 よって、KM1型レックスのディマースイッチの配線加工して流用することにしました。

 
e0113576_062948.jpg


  コネクターを加工し、いざ装着するも、どっか違った?作動しないし、どうにも加工したディマースイッチ壊れたらしい・・・。

 また、部品探しの振り出しも戻る・・・。いつになったら車検取れるのだろうか?
[PR]
by zeo-m | 2015-07-12 00:09 | のりもののはなし

依頼事項

 あれは今年に入って間もないころでしょうか?前の職場の先輩から、スバルの軽を探してほしい、との連絡があったのは。

 どうにも車を乗り換えることにしたので、通勤にスバルの軽が欲しい、と。
 また、今まで乗っていた車を買い取りに出し、新しい車が来るまで期間が開いてしまうので、何か車を貸してほしい、とのことで我がレガシィを貸したのでした。

 実は、そのままレガシィを引き取ってもらおうとも企んだのですが、諸事情により4月頭でレガシィの車検が切れ、先輩も新車が納車され、急がないけど継続してスバルの軽を探してほしいとの話は継続となっていました。

 候補は、ずばりサンバー。MTで4WDという条件で、予算は20万前後とのことでした。サンバーなら低グレードのバンでも良いよ、とのことでしたが、折角なら新規格のディアスあたりを狙いたい、と色々探し続けたのでした。

 正直、なかなか良いのが見つからず時間が掛かってしまいそうだったので、レガシィの車検を取り、サンバーが見つかるまで乗ってもらうことにしたのでした。

 そして忘れもしない5月27日に会社を休み、レガシィの継続車検を受けに行ったのでした。なんだかんだ言ってもメンテナンスは最低限してあるので、車検もそのまま行って特にテスター屋さんのお世話になることもなく、無事取得し、その足で理髪店に行き、散髪をしたのでした。

 散髪後、車に戻りエンジンを掛けるとぐずってアイドリングが出来ません。何度やっても同じ。エンジンECUのメモリーリセットのためバッテリー端子を外してもダメ。
 仕方なく、JAFのお世話になりました。
e0113576_23525699.jpg


 悔しい・・・。車検取得2時間後に自走不可能に陥り廃車決定。借りている月極め駐車場まで運んでもらいました。

 原因は電装系だと思います。ディーラーに持っていき、ダイアグを調べればおそらく簡単に直るのでしょうが、正直所有する車を減らそうと思っている所なので、直すという選択肢はありません。
 誰か欲しいという人がいればタダであげるのですが、仲間内に貰ってくれる人もいないので・・・。

 レガシィがダメになり、サンバー探しの範囲を広げ、旧規格のディアススーパーチャージャーを愛知の中古屋さんで込み込み24万というのを発見。これで検討してもらったところ、「やっぱ20万以上は気が引ける」との先輩の意向もあり、断念。

 その後、さらに続けたところ、ついに希望通りの車両を入手できました。
e0113576_003092.jpg

 平成10年式サンバーディアスⅡスーパーチャージャー4WD 5MT。車検も1年以上残っており、サンサンルーフ付でとってもうらやましい限りですが、どうにも伊豆にあった車らしく外装は錆び、腐り多数でやや心配ですが、エンジンや足回りは程度良く、きびきび走ります。気になる総額も予算内で引き取りやなんだかんだの経費を入れても約12万円。
 25日に引き取ったのですが、納車に向かう途中箱根の峠超えをしたんですが、快適でした。

 これで、やっと頼まれていたのが消化できました。でも、他から90系ヴィッツ RSも探して欲しいとの話もあり、これもなかなか見つからず苦戦中。ヴィッツは資金援助もするつもりなんで、できるだけ安くていいのを探さねば・・・。
[PR]
by zeo-m | 2011-06-27 00:13 | のりもののはなし

SRX

 ちょっと前になりますが、8月5日に久しぶりのユーザー車検に行ってきました。愛知運輸局名古屋支局で、二輪車(SRX)の車検でした。

 今年になり平成15年から所有していた平成2年式のスバル レックスと物々交換で手に入れた、昭和62年式のヤマハ SRX400。ド初期のⅠ型でキックスタートのシブイバイク。

 これまで、群馬や埼玉で二輪車のユーザー車検を受けてきましたが、名古屋は二輪車の専用ラインがあり、正直やり方が判らず少々居合わせた皆さんにご迷惑をお掛けしてしまい、心優しいバイクショップの方に助けて頂いたりしました。

 バイク自体は絶好調なんですが、事前に寄ったテスター屋でとんでもないことが判明してました。それは、ヘッドランプの照度がエンジンの回転数によって暗すぎてしまうこと。2000rpm以上回すとどんどん暗くなってしまい、NG。なぜか1500rpmだとOK。不思議なものでした。


 ちなみに、バイクはこちら。
e0113576_23372277.jpg

 色は非オリジナルのソリッド白。初めてのビックシングル。とても乗りやすく想像よりも振動も少なく快適です。

 しかし、車だと500km走っても大して疲れを感じない私ですが、40kmほど走っただけで手首が痺れてしまう情けなさ。

 このSRXとはどれ位の付き合いになるんでしょうか?良くわかりません。
[PR]
by zeo-m | 2010-08-15 23:43 | のりもののはなし

達成

 本日午前2時頃、CJ4Aミラージュが遂に10万キロを達成しました。
e0113576_23232414.jpg


 平成8年に新車で買って1年で事故をし、その後4年放置したのち復活させたこの車。ようやくこれで思い残すこともなくなりました。

 手放してしまおうか?無理をして所有し続けるか?悩みどころです。
[PR]
by zeo-m | 2010-08-01 23:29 | のりもののはなし

船舶検査

 18日、先週預けたショップにJETを取りに行きました。定期検査を迎えたという事で、JETを買って6年経過。ここまで特に大きなトラブルもなくやってこれました。

 今回船舶検査を受け、本当に船ってお金が掛からないものだ、と思います。今回の定期検査も料金がトータルで約2万円。軽自動車の車検より安いです。
 更に言ったら、毎年やってくるJETを載せているトレーラーの税金、保険類の方がよっぽど高いんですよね。
e0113576_23203195.jpg


 そして、引き取ったついでに利根大堰でちょいと乗ってきました。


 今シーズン初の利根大堰でしたが、ゲレンデまでの道、荒れてました。とても深くえぐれており、えぐれに水が溜まってゆっくり慎重に走らないといけないくらいでした。
 車高の低い車だと、腹こすってしまう位でした。

 ちなみに、混雑具合はやや多い位でした。流石に水位は結構ありJETの揚げ降ろしは楽々でしたが、水は濁りがひどかったです。
 水温は結構暖かかったですが、浸かった瞬間は「はぅ」と声が出てしまう感じでした。

 さて、今シーズンは何回JETに乗れるのだろうか??
[PR]
by zeo-m | 2010-07-19 23:28 | のりもののはなし

クルマいじり

 9日の土曜、久しぶりにクルマの整備をしました。と言っても只のお手伝いなんですが、朝から夕方まで丸一日工場でのクルマいじり、楽しかったです。

 いじくったクルマは、ダートラ仕様のGC8インプレッサ。エンジンがイってしまい、載せ換えをすることになり、そのお手伝いだったのでした。

 この日のメニューは、エンジンを車体に載せるまでの予定だったのですが、思い通りにいかず、載せる直前でタイムオーバー。工場の閉店時間を向えてしまったのでした。

e0113576_2114688.jpg
2柱リフトやクレーンもあり、らくらくの作業のはずでした。

 エンジンは既に下りている状態からスタートし、タイミングベルトの交換や補記類の移し変え、タペットカバーのパッキン交換などを行います。
 しかし、タイミングベルト交換時に事件が。。。

 
e0113576_21547.jpg
向って右側の青いカラーが入っているベアリングの左斜め上の穴、本来はオートテンショナー取り付けボルトなんですが、ここのねじ山がバカになってる・・・。この中古エンジンはタイミングベルト交換済みとのことだったのですが、以前交換した時にどうにもやっちまったみたいで・・・。

 このトラブルのせいで、対応をどうするか悩み、結局ヘリサートを打ち込み対応することにし、なんとかクリアできましたがすごいロスタイム。
 また、クラッチを再使用するつもりだったのが予想以上にクラッチディスクが減っており「折角なら交換しよう」と言うことにしたため、ディーラーに走ることに。しかし、さすがに在庫はなく、そのディーラーの本社まで行かないと部品がないとのことで、結局工場から20kmほど離れた部品センターまで取りにいく事に。はたまたロスタイム!!

 そんなこんなで、思ったより作業が進まなかったのでした。

 この日、午後7時ごろに作業が終わり、飯食って入浴施設で汗を流したりし、帰宅したのが午後10時半でした。

 そして、10日はJETの船舶検査とトレーラーの車検のため、、群馬にあるショップに持っていかなければならず、寝ることなく群馬へ移動。

e0113576_21141754.jpg


 有意義な土日でした。
[PR]
by zeo-m | 2010-07-11 21:16 | のりもののはなし

トヨタ博物館

 今年の3月19日から6月27日まで、トヨタ博物館で企画展「スモールカー大集合」が開催されてました。

 ずっと気になってて、招待券も貰っていたので26日にちょっと覗いてきました。
e0113576_2148687.jpg


 展示されていたのは、ダットサン フェートン、フライングフェザー、最初期型スバル360、ホンダN360、モーリス ミニ、初代アルト、初代ムーブ、ヴィッツ、デミオなどなどでした。

 でも、正直これらの車はある意味見たければ見れる車なんですが、一台凄い車の展示がありました コニー3輪トラック。初めて見ました。
e0113576_2152029.jpg

 ちなみに、個人的に最も好きなのがスバル360。出目金分割バンパ、横Hシフトの最初期モデルですが、普段からトヨタ博物館に展示されている固体なので、出来れば別の固体を展示して欲しかったような気もします。 
e0113576_21541231.jpg



 あと、パネルやカタログ閲覧などのコーナーで色々な車が紹介されてましたが、贅沢を言えばちょっと物足らないかな?って感じでした。

 やはり、サブロク軽を見たかったら、先月群馬で開催されたサブロクミーティングに行けばよかった、と少々反省してしまいました。
[PR]
by zeo-m | 2010-06-27 22:03 | のりもののはなし



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧