ROAプロジェクト

<   2007年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

振り込め詐欺

 うちにも来ました、振り込め詐欺!!
 内容はマンションの管理費を払え、と言うものでした。茶色の安っぽい封筒に「重要」「至急」の印が押され、シールに私の住所と名前が記載してあり、差出人の名前、住所は書いてありませんでした。中を見なくても、「あ、どうせ振込み詐欺の案内状だな」と一目でわかりました。
 
 件名として、「修繕積立一時金のご負担についてのご案内」とあります。こちらに差出人が書いてあり、私のマンションの管理組合代行人岡田となっています。こんなヤツはいませんし、管理会社から連絡が来るはずです。
 また、私は今、管理組合の役員ですので、このような話は議題出したこともないことを知ってます。
 以下、引用。
 
 「日頃よりご多忙の中、管理組合活動にご協力いただき有難うございます。さて、入居時に配布された修繕積み立て金改定シュミレーションでは、各住戸の修繕積み立て金の積み立て額が5年目以降より値上げ予定となっております。
 しかし、当初の計画上に銀行金利が引き上げられ、又、今後は更に上がる事が見込まれております。そこで、貴管理組合理事会により特別管理総会を実施し、修繕積み立て一時金を各住戸においてご負担していただくことになりました。
 これは毎月々の負担となる積み立て金等の大幅な値上げを抑え、住宅金融公庫の有料中古融資基準を満たすことでマンションの資産価値を高めることになるとともに、10年後、20年後の大規模修繕工事等による負担を低減させる為となります。また、昨今マンションの耐震強度問題等が起こっていることもあり、定期的に詳細な検査をおこなって行く為にも必要となります」
 とあり、380,000円を指定口座に振り込め、となってました。

 そして、振込み先は書いてあっても、口座名義は書いてない。しかも、頭悪い人が書いたとしか思えない文章であり、もっと頭使え!!と読んだこっちが恥ずかしくなるものでした。

 しかもご丁寧にも、家に電話までかけてきました。電話の内容はしっかりと録音もしておきました。大切な証拠ですからね。
 まあ、こういった類のものはこれからも色々あるのでしょうが、こういうケースもあるんだ、という事で、今回紹介してみました。
 今回は間抜けな相手だったので直ぐに見破れましたが、早くこんなセコイ真似で金を稼ごうなどという人が居なくなることを強く願います。
[PR]
by zeo-m | 2007-02-27 22:56 | どうでもいいはなし

電車の旅

 今日は、長野県の岡谷市まで行ってきました。車を買ったので、引き取りに行ったのです。わたしは車がとても好きなんですが、電車も好きなんです。要するに、乗り物に乗るのが好きなんです。(本当は運転したのですが、電車は無理なもので・・・)
 岡谷まで行くのに、長野新幹線で長野まで行くか?一旦新宿に出て、中央線の特急で行くか?悩みました。悩んだ結果、JR緑の窓口に全てを託し、勧められた方で行くことにしました。その結果、長野新幹線となりました。私はテッチャンではないハズなんですが、カメラを持っていたのでつい撮ってしまいました。長野新幹線あさま号です。
e0113576_212165.jpg

 その後、長野から特急(ワイドビュー信濃)に乗るか、中央線の各駅停車で行くかの選択がありました。まあ、時間的な余裕があったし、知らない地域で各駅停車に乗るのも「オツ」だと思い、2時間ちょっとかけて岡谷を目指しました。途中の停車時間で、もっとも長いところで20分まちがあったりと、ノンビリしてました。
 
e0113576_215548.jpg

 やっぱりいいモンですね。扉を自分で開けて車内に入るのは、初めての体験でした。寒いから開けっ放しにできないんですね。
 そして、岡谷の車屋さんで車を引き取り、自走で帰ります。車は、昭和60年式のスバルレックスという車です。明らかに、目の前に割り込まれたらムッとしてしまうような車です。
 なぜ私がこれを買ったか、というと、非常に珍しいターボモデルだからです。ノーマル31馬力のこの型のレックスですが、ターボは41馬力!!噂では、ターボの方が遅い!!って聞いたことがあります。それを確かめたかった、って気もありました。10数年、乗ってみたいと思っていたので、売りに出ていたこの車を見つけ、飛びついてしまいました。
 今日は天気も良く、途中3箇所の峠越えもあったのですが、レックス君はがんばって走ってくれました。長野県の佐久市で休憩しましたが、浅間山がキレイに見えました。残念なことに、浅間山も雪は少ないですね。
 
e0113576_21101968.jpg

 日暮れまえには到着したかったのですが、願い叶わずです。レックスとは、これです。誰も乗りたがらないことでしょう。また、ゴミを買ったなどと言われないようにいい感じに仕上げようと思っています。ヤンチャな感じにしちゃうつもりです。
e0113576_21133946.jpg

[PR]
by zeo-m | 2007-02-25 21:24 | のりもののはなし

今日は、かぐらスキー場

 新潟県の湯沢、六日町エリアで金曜日の天気が雪だったのはかぐらだけだった、という事で、かぐらスキー場に行ってきました。昨夜、私のすむ地域は台風なみの暴風が吹き荒れてました。北風だったので、明らかに山は雪です。
 そして、朝5時15分に今日一緒に行くボーダーの「マッチョ殿」と合流し、いざ出発しました。関越道の月夜野ICで下り、R17を走ります。夏場、よくかっ飛ばしにくる「三国峠」を超え、イザ新潟県に突入します。峠頂上の「三国トンネル」を抜けると、そこは雪♪
 
e0113576_22163186.jpg

 車の外気温計は、-5度を差していました。今日は寒いです。雪はかなり強く降っていますし、風も強いです。かぐらへは、駐車場からロープーウェイを乗り、さらにゲレンデの上へはゴンドラで移動します。強風で止まらなければ良いけど、と思いつつも8時頃にロープーウェイに乗り込みました。
 ロープーウェイで上がった先は、みつまたゲレンデです。ここはフラットバーンなので、素通りです。でも、パークがあるので午後パークで遊ぶことにし、上のかぐらゲレンデを目指します。無事、ゴンドラも強風で止まることもなく、ガラガラのゲレンデへ。さ、寒い!!恐らく-10度は余裕で下回っていたでしょう。不覚にも、いつもと同じ格好で来てしまいました。凍傷を覚悟せねばなりませんでした。
 しかも、吹雪は弱くなことなく、荒れまくってました。ゲレンデは、下にアイスバーンの上にパウダーが乗っている状態だったのですが、すごく滑りにくいコンディションでした。自分の腕のなさを痛感です。
 
e0113576_22234947.jpg

 この後、止せばいいのに田代ゲレンデに遊びに行っちゃいました。ボードの「マッチョ殿」は横移動の多さと気温の低さ、コースのなだらかさで完全に参ってました。とにかく、厳寒にやられた一日でした。
 その後、昼食をとり、みつまたゲレンデのパークへ行ったんですが、雪面がアイスバーンでガチガチです。着地点がすごく硬く、これまた危険です。
 でも、数本飛びました。「これで最後にしよう」と最後の1本でやってしまいました。ヘリをやろうとして飛び回転をかけたとき、スキーのトップがキッカーに引っかかりバランスを崩して180状態で投げ出されてしまい、後頭部からアイスバーンに落ちました。メットを被っていたので、体は大丈夫だったのですが、メットが割れました。キッカーの脇のゲレンデに5~6人の人もいたので、私の落下およびメットの割れる音でかなりビビッたことでしょう。車に戻ってメットを見て、本当に助かった~、と胸をなでおろしました。メットしてなかったら、と思うとオソロシイ・・・。このメットに感謝です。
e0113576_22333685.jpg

 
[PR]
by zeo-m | 2007-02-24 22:35 | スキーのはなし

222

 2月22日は「にゃんにゃんにゃん」という事で猫の日だそうです。(既に23日ですが・・・)
 猫と言えばペット。私はけっこう動物好きなんです。それで、今はもう死んでしまいましたが、ちょっと前までこのコと暮らしておりました。
 
e0113576_101621.jpg

 分かります?フクロモモンガと言う生き物です。フクロの名前が付いている通り、有袋類です。また、モモンガの名の通り、ちゃんと膜がお腹にあり、ちゃんと飛んでくれます。ほんの少しジャンプするだけでも、膜を広げようとします。夜行性の生き物なため、フラッシュを焚いて写真を撮れなく、すばしっこいので中々上手く撮れません。
 モモンガ、野生の元では50mは飛ぶことが出来ると言われています。部屋の中でも始めのうちは飛んでくれました。でも、モモンガは風を膜で受けてこそ飛べるので、部屋の中では自由落下。天井付近から私の方にジャンプしてきてくれます。ちょっとイタズラで避けます。すると、モモンガは床に落ちて行きます。これが良くなかったみたいで、どうにも着地は痛かったみたいです。よっほど気分がノッている時以外は飛んでくれなくなりました。高い所にいる時でも柱を伝って床に一旦降り、それから私の方にジャンプして飛びついて来るようになりました。
 でも、これがまたカワイイんですよ。この大きな瞳でじっと見つめられたら、ついエサを多く与えてあげたくなってしまいます。
 
e0113576_192767.jpg

 でも、成長したモモンガを買ったら大変なことになります。元来夜行性の小動物はすごく臆病なので、買ったは良いけど、巣から出てこない、なんて事が殆どだそうです。ペットの飼い方の本を読んでも、「簡単に人に馴れる」と書いてあったり、「根気が必要だが馴れる」、「馴れない」と書いてあることがまちまちです。私なりに調べた結果は、「子供のうちから飼えば馴れる」です。それなので、私のモモンガ君は人工授乳で育った子で完全に手乗りで、私以外の人にも直ぐに馴れました。
 想像してみてください。こんな所から膜を広げてモモンガが自分に向かって飛んでくる(ジャンプしてくる)。すごくカワイイですよ。この写真はこちらに飛んでくる直前の写真です。
e0113576_1152687.jpg

 
 でも、飼育はすごく手間がかかりました。トイレのしつけができないので、掃除が大変なんです。大変ですが、エサは手渡しであげられるし、喜んで一緒に遊べるので、本当にカワイイヤツでした。

 でも、もし買うとしたら国内ブリーダーの手で繁殖された生体を購入すべきだと思います。(値段は倍くらい高いですが) 最近は輸入量が減ったらしいのですが、野生の生態を捕獲してペット用として流通することもあるとか。どんな動物でもそうですが、野生で育った生体を檻やゲージで飼うのはちょっと酷ですよね。
 
[PR]
by zeo-m | 2007-02-23 01:29 | どうでもいいはなし

待ってました!!

あいこです
 猪苗代は本当にお疲れさまでした。カナダ入りされているとの事、こうやって遠征先からブログを更新して頂けるのを待ってましたよ。ワールドカップを追って各国を転戦していく・・・、並みの人では出来ないことが出来る、って本当に幸せなことですよね。
 
 猪苗代での大会、こんな心の葛藤があったのですね。こうやって心のうちを話して頂けると、応援している者としても、本当に励みになります。レベルが全く違いますが、愛子さんもこんなに頑張っているんだから、自分もしっかりしなきゃナ、と仕事に行き詰った時とか問題にブチ当たった時に思うようになりました。こう言う時、愛子さんのブログを読めて良かったな、ファンになって良かったな、と思います。

 恐らく多くのファンの方がそうだと思いますが、皆愛子さんの笑顔が見られれば満足できると思います。次の大会も、思う存分楽しめると良いですね。日本より応援してますよ~。
[PR]
by zeo-m | 2007-02-22 23:22 | 応援してます

無知とは恐ろしい

 先週末、上越国際スキー場で、フリースキーイングオープン2007が開催されました。凄く気になっていて見に行きたかったのですが、私はモーグルのワールドカップの観戦を選択しました。この上越国際でのフリースキーの大会について、ラジオでも宣伝をしていました。「ツインチップスキーによる国内初のイベントとなる・・・」と。これを聞いて、私は??でした。ツインチップスキーって何??って。
 
 ちなみに、私は2003年モデルのサロモンの1080(モーグルでないやつ)の181cmを使ってます。これを選んだ理由は、フリーライドをやりたかったからで、私の体格的には171cmがベストと思ったのですが(私の身長は168cm)、どうしてもオレンジ色の板が欲しく、181cmにしました。(171cmは白)なぜオレンジか?それは、1080はオレンジ!!という先入観と、パウダーで板が外れたとき、オレンジだと発見しやすいかな?と思ったからです。経験上、パウダーで板が外れたら、板の色は関係なく発見は困難であると思い知らされました。
 しかも、自分が使っているスキー、思いっきりツインチッブやん!!今年で4シーズン目だと言うのに・・・、知らないとはオソロシイ・・・。

 さらに、ボロはドンドン出ています。私の現時点のスキー時の格好はこんなんです。
e0113576_0282833.jpg

 ウエアーは、写真では見えませんが竜の刺繍が入っており、シブイ!!という理由だけで買いました。しかし、袖付近にあるタグには「Fit For Cariving skying」とあります。どうやら、デモ系のウエアーらしい。本人はフリーライドを気取っているのに。
 また、グローブ。温度が氷点下以下でなければ問題ないのですが、マイナス5度を下回るとどうにも手が寒い。吹雪の中だとスースーします。今シーズン買ったばかりなのに、何でや!?と思っていたら、春用でした。まあ、今年は暖冬で滅多に吹雪かないので、このまま今シーズンを乗りこせそうです。
 
 今度、スキー用品を買うときは、良く考えて購入しようと思います。一応、スキーに詳しい先輩の話を聞いたり、店で店員に相談するのですが、どうにも進められたものを素直に受け入れられないひねくれた性格も直さねばならぬようです。
 (このウェアーを買うとき、店員と板の話になりデモ用を勧められた理由が判明です)
[PR]
by zeo-m | 2007-02-22 00:43 | スキーのはなし

我思う

 18日のデュアルモーグルを観戦に行った興奮が少しずつ収まってきました。天候は残念でしたが、本当に主催者様や選手の皆さんの方がよっほど辛かったんだろう、としみじみ思えます。
 会場では、朝からほぼ途切れることなくアナウンスがされていましたが、長い時間つないでくれたDJの方とか、特別にトークをしてくれた三浦豪太さんも本当に感謝です。かなり真剣な競技の話からウンコネタまで幅広い話が聞け競技再開までの間、ヒマしないで済みました。
 
 また、空いた時間に第2エアー台付近まで登ってみました。はやり、結構高さありますねぇ。私が遊びで飛んでいるキッカーより迫力が違う!!でも、私も飛んでみたい!!と思いつつカメラを向けてみました。
e0113576_1401771.jpg

 
 今回は、選手の方も本当に大変だたっと思います。特に男子17番滑走以降の選手は、何度も上に上がってまた下り、と。その度に集中力を途切れさせられたりしていた訳ですからね。特に女子選手は公式練習もキャンセルだと思っていたんじゃないですかね?それでも、皆パッと切り替えて滑り出したのを見たら、さすがトップスキーヤーだな、って関心しました。
 そうかと思えば、選手同士で雪合戦を多国籍軍でやりだしたりして・・・、見ていて面白かったです。
 
e0113576_1292720.jpg

  さすがに、競技が再開したら皆渋く滑ってました。今回、1眼レフのカメラ(借り物)も持参したのですが、レンズの性能でエアーとかかなり小さくしか撮れなかったのも残念でした。今まで、カメラは何でもいいや、と思っていましたが、このワールドカップを期にデジタルの一眼レフの購入を決意したのでありました。私はNikonが好きなので、D40かD50辺りを物色しようかと思い出しました。普通のデジカメを買う前に相談した後輩の言ったとおりになってしまい、少々悔しいです。

 また、ひつと決心しました。今回のワールドカップでスキークロス男子で優勝した滝澤選手、同い年やないか!!う~ん、自分も何かスキー関係でチャレンジしたい!!。という事で、モーグルの草競技にでも出場してみよう、と決心しました。さて、大会探しを始めなければ・・・。ずばり、参加することに意義がある!!
[PR]
by zeo-m | 2007-02-21 01:43 | スキーのはなし

車検

 月曜日、午前中会社を休んでレガシィの車検に行ってきました。前日の疲れもあり、かなり朝起きるの辛かったです。
 レナシィの車検に対し、懸念点が数箇所ありました。フォグランプが4個ついているリミテッドバンパーが付いているのですが、内側のフォグの配線をしていないんです。つまり、点等しません。車検では、付いているものは機能しなければ通りません。
 配線も面倒臭く、2セット同時にフォグが付くとNGです。この内側の黄色のフォグが点等しません。(写真は本日撮ったのではありません)
e0113576_5302599.jpg

 これは、黒のテープでフォグの前に貼り付け、付いてない様に見せる作戦をとりました。だめなら、取り外しですがバンパーを外さななければならないので、ばれないように祈るのみです。
 次が、マフラー。音的にな車検対応なんですが、なぜか「競技専用部品」と刻印が刻んでであります。もちろん、触媒後から交換のマフラーなので、環境面の問題もありません。(騒音は除く)これもばれたらNGです。とりあえず、しら~、ってノーマルに戻さずアタックしてします。

 それで、午前9時に検査場に到着、書類を即効で作り、イザ検査ラインへ。
e0113576_53448.jpg

 この場で外観検査、ライト関係、走行距離、エンジン型式、車体番号などのチェックがあります。ちょっと混んでて、検査官は忙しそうです。しめしめ、と思いつつも・・・、結局、懸念されたフォグ、マフラーもセーフでした。
 続いて検査ラインへ。サイドスリップ→スピードメーター→ヘッドライト→ブレーキ→排ガス→下回り検査と続きます。サイドブレーキの検査の時、携帯で写真を撮りながらやったら×が点いてちょいっと焦りましたが、引きが足らないだけでした。
 
e0113576_537547.jpg

 一応、すべて○でした。この検査が終わると後は受付で新しい車検証とシールを貰うと完了です。
時間は9時50分くらいでした。

 私のレガシィは4ナンバーです。2人乗りになっていますが、今回の車検で掛かった費用は、書類25円、検査手数料1400円、自賠責保険15490円、重量税8800円、ヘッドライトの調整代(外のテスター屋)の合計27715円でした。
 これが5ナンバーだと2年で約75000円なので、2で割っても37500円、しかも4ナンバーだと自動車税が8000円なので、5ナンバーの39500円と大きな差があります。
 この値段で280馬力の車が乗れるんで、かなりお得かな?なんて思ってます。毎年車検は面倒と言えば面倒ですけど。
[PR]
by zeo-m | 2007-02-20 05:44 | のりもののはなし

お疲れさまでした


 大会出場お疲れさまでした。18日に観戦に伺ったのですが、公式練習のみで終了となってしまい残念でしたね。デュアルで愛子さんの本気な滑りを堪能したかったのですが、とても残念でした。
 しかも、競技中断の間はとてもキツカッタです。でも、最後の最後まで諦めずに待ってよかったです。公式練習は見れました!!16時50分くらいからの公式練習でしたよね?本当によくぞ主催者決断してくれたと思い有り難かったです。その後、予選がキャンセルになったのはとても残念でしたが、愛子さんの滑り、とても感動しました。コークも素晴らしく決まってましたね!!約6時間コース脇でたたずんでいた苦労も吹っ飛びました!!
 公式練習2本目のゴールラインの写真を撮りましたので、添付します。全く上手く撮れていないので、修行して出直します。
 
e0113576_2149143.jpg

 
 会場では、関係者の方に深く会釈されていたり、さまざまな方と笑顔でお話されていたりと、本当に愛子さんの人柄にも感動しました。とても楽しそうな姿が見れて、本当に良かったです。これからも、楽しそうな姿を見せてくださいね。
[PR]
by zeo-m | 2007-02-19 00:45 | 応援してます

モーグルワールトカップ観戦で苦戦

行ってきました、モーグルワールドカップ2007。昨日も降りた磐越道の磐梯高原ICを降りると、ワールドカップの案内版が目に飛び込みます。気分は盛り上がります。
e0113576_2301819.jpg

 天気は雪。正直、雨さえ降っていなければ良し、と思っていたのでウキウキ気分で8時前にリステル入りです。チケットは既に購入済みのため、余裕をかましてレストハウスでお茶をしばき、リフトに乗りいざ会場である「ダフィーゲレンデ」へ乗り込みます。丁度男子公式予選の真っ最中でした。ガスってて見にくいな、程度にしか思ってませんでした。これがこの後、とんでもないことになろうとは・・・。
e0113576_2334926.jpg

 タイムスケジュール通りの9時15分に男子予選開始。初めて見るモーグルの試合に興奮するはずでしたが、第一走者がエアー後転倒、負傷して搬出されるというハプニングがありました。
 しかし、ガスが立ち込めてきて一旦中断となったりして、16走者まで予選が進みましたが、11時に1時間の中断が決定しました。そして12時になってもガスは晴れず、また1時間中断。その後も30分毎に協議があり、そのたび30分伸びていくと言う事が15時半位まで続きました。ずっと立って待っていたので、すごく辛かったです。正直、14時半くらいから、「もう中止にして・・・、早く楽にさせて・・・」と思ってました。
e0113576_23132445.jpg

 今回来た理由は、上村愛子さんの滑りを見たかったからです。しかし、午前に一瞬姿を見掛けただけで、寒い中ずっと「このまま中止になったら、愛子さんの滑りを見れるどころか派手な男子の競技も見れない・・・。来た意味無いじゃん!!昨日着ておけば良かった。。。、などと凄く反省したり、脱力感を抱いたりしてました。
 でも、15時過ぎ位からちらほら女子選手の姿が見れるようになりました。もしや!!と探してみると、愛子さん発見です。やはり大スター選手、ずっとカメラが狙ってましたねぇ。私もしっかりと撮らせて頂きました。ピンボケですねぇ
e0113576_2318537.jpg

 
 この後、16時10分から男子予選がスタートし、「女子はやらないんだろうな」と諦めていたら・・、ちらりと愛子さんを見るとBibを着けだしたではないですか!!時間はもう17時近い。。。
 女子も予選をやるとのアナウンス。辛い思いをして待って良かったとすごく嬉しくなりました。
 そして、女子の公式練習が始まり、夢にまで見た愛子さんの滑りを見ることが出来ました。本当に完成度が高く滑りもお美しい!!エアーはコークも見せてくれました。
 
e0113576_23241133.jpg

 しかし、この後日没のため、女子予選は中止。でも、女子公式練習を開催してくれただけでも、主催者様に感謝です。

 その後、男子予選結果が正式結果となり、表彰式が行われました。この時点で17時45分くらいでした。そして、とぼとぼ歩いて駐車場を目指したのでした。もう、日が暮れる寸前でした。
e0113576_23272230.jpg

 この写真を撮るため、フラッシュ発光禁止に設定していたのが失敗でした。ホテル前まで着くと、なんと愛子さんが戻ってきたのです。人垣が出来ていたので「なんだぁ?」と見たら、ファンが愛子さんを取り囲ってました。「こりゃファンサービスか?」と思い近寄ってみると、スタッフが道明けてください!!とファンを掻き分けてました。ここで「お疲れさまでした!!」と声をかけたかったのですが、私の疲労もピークになっており、ムニャムニャ声にならない音を発している情けない自分がいました。まさか、愛子さんの半径5m以内に近寄れるとは思いませんでした。
 
 今日は、辛い思いもしましたが良い思い出になりそうです。
 
[PR]
by zeo-m | 2007-02-18 23:34 | スキーのはなし



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧