ROAプロジェクト

<   2008年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

(今度こそ)最終

 5月13日、またスキーに行ってしまいました。7日の奥只見をラストにしようとしましたが、抑えられなかったです。

 と言う事で、いざ新潟県のかぐらスキー場へ行ってきました。かぐらスキー場は、Mt.Naebaのうちの一つで、かぐら・みつまた・田代の3スキー場が隣り合わせてあり、現在はみつまたロープーウェイであがり、リフトとゴンドラを乗り継いでかぐらスキー場のメインゲレンデへと向かいます。
 
e0113576_1352688.jpg


 さすがにかぐらまで行くと、まだ雪はありました。コブ斜もちゃんとあり、「テクニカルコース」と「ジャイアントコース」の2コースでコブ斜が楽しめました。
 
 でも、流石にテクニカルコースは大分雪が少なくなってます。
e0113576_1354445.jpg

 ゴンドラで乗り合わせた方に伺ったのですが、1週間で大幅に雪が減ったそうです。

 今日は夕方にさいたま市へ行く予定があり、午前券で滑ってました。営業開始から13時までなので、みつまたロープーウェイ山頂駅までたどり着かねばなりませんでした。
 かぐらメインゲレンデからみつまたロープーウェイ山頂駅までは、現時点では滑って降りれます。
 
e0113576_1395654.jpg

新緑の中滑るのも、なんだか複雑な心境です。これでシーズンが終わりだと思うと、けっこう寂しいもんですね。

 
e0113576_141287.jpg

 みつまたロープーウェイ山頂駅まであと一息。下まで降りてくると、営業予定の25日までもつのかな?ってちょっと心配になります。

 おそらく、これで今シーズンは終わりだと思います。これからは、来シーズンに向けて体を鍛えるつもりです。
[PR]
by zeo-m | 2008-05-14 01:46 | スキーのはなし

故障

 数日前、以前録画したビデオを見ようとしたら、再生されず固まってました。カセットを取り出すと、テープがビロビロに絡まってました。違うカセットを入れても同じ症状。壊れちゃったみたいです。

 私の癖で、何かを買うときはお気に入りのメーカー品を買うか、最も安いやつを買うかどちらかです。そして、一度買うと同じメーカーを買うことが多いです。ビデオの場合はビクターでした。老舗ですし、実家で私が小4の時に買ったビデオデッキがビクターでした。当時、カセットは激安3セットが9800円で、最初に録画したものが「少林寺木人拳」というジャッキーチェンの映画でした。なんでこんなことを覚えているのか、不思議です。

 まあ、折角なんで地デジ対応のHDD付きDVDレコーダーにしようと言うことで、一番安いJapanブランドかもしくはビクター製に絞って、とっとと欲しいので近くの店を回って探してみました。

 以前から新聞の折込チラシでチェックはしていたので、実際廻った店は2店。最初に「でんきち」という全く知らない家電量販店に行ってみました。そうしたら、店内では「Super Euro Beat ノンストップメガミックス」が流れてました。私、Euro Beat大好きなので、即効で店を気に入ってしまいました。しかも、Super Euro Beat Vol.90前後くらいの頃のやや古めの渋めの選択。
 実際、価格も安く、その後に立ち寄ったコジマよりも1万ほど安かったです。

 一番悩んだのは、VHS付きにするか、なしにするか、でした。なしで最も安いのがシャープ製の44900円、ありで59800円でした。

 一旦帰宅し、ちょっとランニングで5km走りながらどうするか悩み、結局VHS付きの東芝製RD-W301と言うHDD300Gのものを選択しました。ちょっとネギって57800円で結局購入です。
e0113576_143538.jpg

 帰宅後、映画を見に行ってしまい(柴咲コウ主演の少林少女)、まだ取り付けてないっす。明日も早いので、いつ使えるようにしようかな・・・、って感じです。

 
 
[PR]
by zeo-m | 2008-05-13 00:25 | どうでもいいはなし

環境変化

シンプルがいい お引越しのお手伝いや部屋の模様替え、お疲れ様です。
 引越しは、以前バイトでやっていたので辛い思い出が多いです・・・。

 シンプルが良い、って聞くと私の場合デコトラを想像してしまいます。電飾やらメッキパーツやらで飾り立てたトラックですが、これこそ最近、「シンプルがいい」って思うようになりました。
 ド派手なものから、シンプルなんだけど良く見ると凄くお金の掛かったトラック、渋く昭和レトロ風などなど・・・。道ゆくトラックをちょっと気に掛けてみても面白いと思いますよ~。
 
 って、全く関係ない分野に話を広げてしまってゴメンンナサイ。
[PR]
by zeo-m | 2008-05-10 02:19 | 応援してます

オーラス

 今日、恐らく今シーズン最後であろうスキーに行ってきました。行った先は奥只見丸山スキー場です。

 でも、今朝起きれなくって家を出たのが朝8時。スキー場に到着したのが11時過ぎでした。平日のシーズン終わりってこともあり、道は空いてました。

 ちなみに、奥只見って短いトンネルを数箇所と約10キロあるトンネルを2箇所抜けた先にあります。
e0113576_22293495.jpg
このトンネルが一人で1台で走っていると、何か寂しい気分になります。

 そんな事にめげず、到着。
e0113576_22323645.jpg


 奥只見スキー場は、11日までの営業とのことだったので雪はどうかな?と思ってましたがちゃんとコブ斜もあり、不満なく楽しめました。
 
e0113576_2236058.jpg
もう1箇所コブ斜のバーンもありましたが、コブがちょっと浅く、スピード重視で遊んでみました。

 今日、メインパークがクローズだったので、パークでは遊べなかったのですが、ハーフパイプは滑れました。
 
e0113576_22383142.jpg
従来の半分の長さになっており、3ターンしたら終わり・・・。しかも、5月の雪面・・・、板が滑らず斜度がゆるいところでは、パイプの壁が登れなかったです。
 と言いつつも、人が少ないので練習にはもってこいでした。

 今シーズン、もうスキーは終わりかも、と考えると寂しいかぎりですが、かぐらスキー場は5月25日まで営業するみたいなので、まだ行けるかな?
[PR]
by zeo-m | 2008-05-07 22:44 | スキーのはなし

3rd

今年に入って、愛知県の知多半島にある霊場を廻る、「知多四国八十八箇所めぐり」をはじめました。
 以前も紹介しましたが、以前からやってみよう、とは思っていたものの、やっと行動にでたのでした。
 偶然にも、今年は知多四国開創二百年記念にあたるそうで、各お寺で押してもらう納経印を押してもらう台帳である「納経帳」にも、記念の記しがあります。
 
e0113576_2346634.jpg

 また、納経印も200年記念印が左斜め上に押されます。これは、第一札所である曹源寺のものです。
e0113576_23474290.jpg


 5月2日、3回目の巡礼に行って来ました。順路としては、祥伝社刊「知多四国八十八ヶ所めぐり」 眞野 由季江氏 著というガイドブックに則った順で廻ってます。
 これは、知多四国霊場会の推奨ルート順に紹介されていますが、この本だけで廻ろうとすると、えらく苦労します。やはり、ナビつきの車で廻らないと厳しいです。
 
 一回目は、ナビのない車で行き、第7番札所を探すのに1時間以上も迷うという失態をしでかしました。

 ちなみに、だいたい11時過ぎにその日1番目のお寺につき、16時くらいまで回る、というペースで回ってます。
 1回目は、12箇所、2回目は22箇所、3回目も22箇所と、ナビの有無で廻れる数が大幅に違っていることがわかります。
 これは、残念ながら私がどんくさいという事を証明してます。

 あと、あまり大きな車で行くのもあまりオススメできません。今回、35、36札所の2箇所は、細い道の先にあるようで、我がランクルでは突進できず、行くのを諦めました。この2箇所は知多半島の最先端「師崎」付近の漁村付近にあり、後に回すことにしました。
 今回、37札所~39札所+番外1箇所の4箇所は「篠島」「日間賀島」にあって船で行かねばならないので、後日にする予定だったので、その時にまわることにしました。

 そして、今回は51札所の「野間大坊」で終了としました。この辺りは海岸も近く、とっても気持ちが良いんですが、夏場は海水浴客で混むので、この時期でないと廻れないです。

 今回廻ったなかで、最も良いな、と思ったのが43番の「岩屋寺」でした。
e0113576_01167.jpg

 
 でも、それぞれのお寺も特徴があって、すごく癒されたりします。こういったお寺周りってものも、良いものですよ。
[PR]
by zeo-m | 2008-05-07 00:14 | 巡礼のはなし

コース紹介

 先日取得した中型2種の埼玉県試験コースと、ちょっとしたコツを書きたいと思います。コースを走るコツは、普通だろうが大型だろうが同じです。ただ、中、大型の場合は歩行者や対向車のはみ出し等、細心の注意が必要になります。

 中型コースは今回の試験官がもっていたコース図を盗み見した限りでは、2パターンあるようでした。1コースは試験場を出て左折し、試験場正門前を右折し17号に入っていくコース、そしてもう一つが試験場を出て右折するパターン。私は2コースでした。

 
e0113576_1842469.jpg
試験場を左折し、この直線路で1回目の路端停車。写真にある標識のポールに中央扉の幅に合わせて停車します。
 
e0113576_18432362.jpg
路端停車の時、顔は前を向いたままで停められるのがベストですが、目視しても構いませんが、凝視はNG。目標物が自分の横を通過するときに一旦目標を見て、一度前を向いて、再度振り返り目標物と扉の位置を確認し、再度前を向いて止まるギリギリの時点で再度位置を確認します。
 要は、前方にも気をつけなければならないのです。

 このあと左折し、信号を1つ通過したあと2度目の路端停車。今度は追い越し禁止と駐車禁止の標識でした。
e0113576_18474435.jpg

 路端停車の時、サイドブレーキを掛けますが、ブレーキは踏みっぱなしです。ブレーキは発車まで放してはいけません。

 続いて国道17号に左折で進入するのですが、もしも右折車がいてそのままいけないなら、停止線の位置で停車します。
 2車線のうち、第一通行帯を走り、鴻巣駅右とある道路標識を通過し(右折する300m手前)第二通行帯に車線変更をします。
 道交法では、2車線以上ある道は最も左を走る、との規定になっているので、次の信号を右折するからと言ってイキナリ第二通行帯に入ってはいけません。

 17号を鴻巣駅に向かって右折し、最初の信号、次の信号と若干上り坂になってます。もし信号に捕まったら、サイドブレーキを使った坂道発進の手順を取るのが良いみたいです。
 
 そして、3度目の路端停車が「花の町鴻巣」のアーケードの支柱でした。
e0113576_1855564.jpg

 そして、この先の信号を右折です。ここは矢印が無いので、もし前に右折車が居たら停止線の位置で止まり右折のタイミングを待ちます。
 また、前走車が居なくても、右折で交差内に進入しすぎると対向でバスが来た時なんかに走路妨害をしてしまう恐れがあるので、交差点には進入しすぎないように注意が必要です。

 右折した先は、もっとも人通りが多いので注意です。横断歩道に人がいたら止まる、横断歩道意外のところを横断しようとしている人がいたら、対向車が居なければ止まってあげた方が良いです。自転車は、対向車が無ければ中央線を越えて追い越しします。

 そして、17号と合流する交差点で右折。ここは、大きく右に曲がるので、停止線の位置に注意です。
 
e0113576_191469.jpg
丁度、タクシーがいる地点付近で停車します。

 この後、鴻巣警察署前を左折し、試験場に戻ってゴールです。この警察署前は、信号待ちの車が多く止まってます。こういった所を走るときは、車の陰から人が飛び出しても良い様に、加速はじわりと、シフトアップも3速までにします。こういうアピールも必要なんです。

 とりあえず、思いつくままポイントを書いてみました。これが参考になると嬉しいです。
[PR]
by zeo-m | 2008-05-06 19:07 | のりもののはなし



車、スキーなどの私見を呟かせて頂きます。
カテゴリ
全体
のりもののはなし
スキーのはなし
どうでもいいはなし
応援してます
お山歩きのはなし
RUNのはなし
スポーツのはなし
巡礼のはなし
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧